「ほとんど品切れ」「入荷も未定」 札幌の家電量販店から扇風機が消えつつある

札幌の家電量販店から扇風機が消える? 北海道では冷房できるエアコン持つ家は少数

記事まとめ

  • 札幌の家電量販店から「扇風機が消えた」とのウワサがネット上で出回っている
  • 札幌の家電量販店に電話をすると「ほぼ完売の状態」などと回答があった
  • 北海道では冷房できるエアコンを持っている家庭は少ないのだとか

「ほとんど品切れ」「入荷も未定」 札幌の家電量販店から扇風機が消えつつある

「ほとんど品切れ」「入荷も未定」 札幌の家電量販店から扇風機が消えつつある

せめて扇風機があれば...写真はイメージです(Ippei Suzukiさん撮影、Flickr

長梅雨がようやく明けたと思ったら、とんでもない猛暑がやってきた。身体がついていかない、と悲鳴を上げている人が多いかもしれない。まさに危険な暑さだ。熱中症にはくれぐれも気を付けたいものだ。

こんなときは北海道へ飛んで行きたいよね、そう思っている人、ちょっと待っていただきたい。

なんと今年は、北海道も猛暑なのだ。2019年7月31日、札幌市では3日連続で夜間の気温が25度を超える「熱帯夜」となったという。札幌管区気象台は、気温の高い状況は今後1週間近く続くと予想している。

そんな中、インターネット上では、札幌の家電量販店から「扇風機が消えた」とのウワサが出回っている。実際、扇風機コーナーの陳列棚が空っぽになった写真を投稿するユーザーも出ていた。

はたしてこの噂、本当だろうか?Jタウンネット編集部はさっそく札幌の家電量販店に電話してみた。

「1万円以上の高額商品なら...」

北海道出身の大泉洋さんを意識して、なるべくくだけた感じで聞いてみる。「これから行きたいんだけど、扇風機、置いてるよね?」。

返ってきた答えは、下記のとおりだった。

「扇風機、窓用エアコン、冷風扇など、ほぼ完売の状態です。入荷も未定です」(ケーズデンキ月寒店)

「扇風機は高額な商品のみ数機残っています」(ケーズデンキ発寒店)

「数台残っています。緊急入荷した分が、残りわずかとなりました。問い合わせが殺到していますので、お早めにご来店を」(ヨドバシカメラ・マルチメディア札幌店)

「ほとんど在庫がございません。高額な商品のみ数機残っている程度です」(ビックカメラ札幌店)

「お安い扇風機は在庫がございません。1万円以上の商品が少しある程度です。入荷も未定です」(ヤマダ電機テックランド札幌店)

「2万円以上の高額商品を除き、ほとんど品切れです」(ヤマダ電機テックランド札幌琴似店)

「1万円以上の高額商品が少し残っています。ここ4〜5日、入荷していません」(ヤマダ電機テックランド札幌北33店)

「若干数ございます」(ヤマダ電機テックランド札幌苗穂店)

「1万円以上の高額商品なら少し残っています」(ヤマダ電機テックランド札幌発寒店)

どの店も、同様の電話が相次いでいるためか、型通りの返答が多かった。数千円の扇風機で、この熱帯夜を乗り切ろうとする人が、家電量販店に殺到しているようだ。

なかには、記者が道民でないことをすぐに見破った人も...。なぜ扇風機が売れているかを聞くと、

「北海道では、冷房できるエアコンを持っているご家庭は少ないのです。夏の夜は、窓を開けて寝れば、けっこう涼しいですから。8月中旬、お盆明けにはまた涼しくなりますし。でも今年はちょっと暑すぎますね」

と、親切に説明してくれた。

例年どおりなら、8月中旬には涼しくなるというが、はたしてどうだろうか。また、それまでに扇風機は手に入るのだろうか。

北海道の皆様、くれぐれも熱中症にはお気を付けいただきたい。

関連記事(外部サイト)