屋根「まで」飛んだって、そっちか...! 童謡「しゃぼん玉」描いた漫画が斜め上すぎる

屋根「まで」飛んだって、そっちか...! 童謡「しゃぼん玉」描いた漫画が斜め上すぎる

ツイ廃絵師(ヤマガタ)さん(@yamagatasyohei)のツイート

「しゃぼん玉飛んだ〜♪屋根まで飛んだ〜♪」。こうした歌詞でお馴染みの童謡「シャボン玉」を斬新すぎる解釈で描いたマンガが、ツイッターで注目を集めている。

しゃぼん玉 pic.twitter.com/hUbUEF1Uyf
- ツイ廃絵師(ヤマガタ) (@yamagatasyohei) September 4, 2019

こちらは、昔話や童謡などを題材にしたオモシロマンガを発表しているツイッターユーザー「ツイ廃絵師(ヤマガタ)」さんの投稿だ。幼い頃に誰もが親しんだことのある童謡が、まさかの変貌を遂げている。


「こっちの意味で歌って遊んでた」との声も

少女がシャボン玉をぷかぷかと浮かべる1コマ目。ほのぼのとした絵柄で、以降も同様に進んで行くのかと思いきや、


なぜか後ろに見えていた家の屋根が浮上。本来は、屋根の位置までシャボン玉が飛んでいくという意味合いだったはずなのに、屋根そのものが飛んでしまった。少女も目を見開き、驚きを隠しきれていない。さっきまでの雰囲気が2コマ目にして急展開を迎えてしまった。


すると浮上した屋根にひびが。大丈夫だろうか...。


少女の目の前で突如爆破した屋根。シャボン玉のように浮かんで消えてしまったのは屋根だったというオチだ。「まで」の意味合いを変えたことによって、ツッコミどころ満載のまったく異次元の話になってしまった...。

このツイートにはこんな反応が。

「まで」の意味を変えるだけでこんなにも...w
- アレックス耐熱仕様 (@kirino_ALEX_401) September 4, 2019

違うそうじゃないかんがwwwおもしろいです
- TG_うるる @無言お迎えすみません (@TGgirl_imo) September 4, 2019

子供の頃こっちの意味で歌って遊んでたw
絵でみられるとはwww
- Garnet (@01Garnet02) September 5, 2019

中には幼い頃に「こっちの意味で歌って遊んでた」と共感する声も。今回マンガ化されたことで、子供の頃のイメージが具現化された人は意外といるようだ。

関連記事(外部サイト)