「デーモンかかぁ増加中!!」「あなたもデーモンかかぁに!」 広島のがん検診啓発ポスターが謎すぎて怖い

「デーモンかかぁ増加中!!」「あなたもデーモンかかぁに!」 広島のがん検診啓発ポスターが謎すぎて怖い

広島のがん検診ポスター話題

「デーモンかかぁ増加中!!」「あなたもデーモンかかぁに!」 広島のがん検診啓発ポスターが謎すぎて怖い

「デーモンかかぁ」ポスター(画像提供:広島県がん対策課)


まず上の写真をご覧いただきたい。「デーモンかかぁ」とは、いったい何だろう? 素朴な疑問が湧いてくると思う。当然だ。

実はこれ、広島県のがん検診啓発ポスター。下の方には、「デーモン閣下」が小さくデザインされている。「デーモン閣下」と「デーモンかかぁ」、たんなるダジャレ......?

ツイッターにはこんな投稿が寄せられている。

「広島は恐ろしいところだ」
「魔界のゲートでも開いたのかwww」

なかには、「全く意味がわからない」「ガン検診受けるとデーモンになるってどういうことなの?」とのツッコミを入れるユーザーも。また、このモデルを務めているのが誰?という話も盛り上がっている。

そこでJタウンネット編集部は、広島県に詳しく聞いてみた。

「デーモンかかぁ」の素顔は?

Jタウンネット編集部の取材に答えてくれたのは、広島県がん対策課の担当者だ。

そもそも「デーモンかかぁ」とは、2012年から広島県がん検診啓発特使を務める「デーモン閣下」の教えに従い、がん検診を受けた女性たちのこと。コンセプトはよくわからないが、県民にがん検診を呼び掛けるキャラクターであることは確かだ。

今回のポスターは、10月の「がん検診一斉受診月間」に向けて制作したもの。

「(一斉受診月間では)日曜日の検診を可能とするなど、受診しやすい環境を整え、平日に検診の受診が難しい『仕事をしている女性』や、『子育て中の女性』を主なターゲットとして、受診を呼びかけるキャンペーンを行います」(担当者)

女性を主なターゲットにした理由は、近年の国民生活基礎調査で、男性に比べ、女性の受診率が低かったこと、とくに女性特有のがん検診(子宮頸・乳)の受診率が低下したことが判明したため。

こうした経緯から、「デーモンかかぁ」を起用した冒頭のポスターや以下の動画が生まれたわけだ。

ところで、「デーモンかかぁ増加中」に登場しているモデルの女性は誰?というのが、ツイッターで話題になっているが、と聞いてみると......、さっそく教えてもらうことができた。すべて広島県のテレビ・ラジオで活躍中のアナウンサーたちだ。


荷物配達中の「デーモンかかぁ」は、岡崎花帆子さん。広島県廿日市市出身。

テレビ新広島「ひろしま満点ママ」、広島ホームテレビ「ココ!ブランニュー」に出演中。


外回り営業中の「デーモンかかぁ」は、久保田夏菜さん。広島市安佐北区可部出身。

テレビ新広島「ひろしま満点ママ」、中国放送「街頭TV 出没!ひな壇団 」に出演中。


企画立案中の「デーモンかかぁ」は、森本久美子さん。広島県呉市出身。

テレビ新広島「ひろしま満点ママ」 、広島テレビ「ハロークッキング」に出演中。

図書整理中の「デーモンかかぁ」は、住本明日香さん。広島県出身。

広島テレビ「テレビ派」 、中国放送「ランキンLand !」に出演中。


広島県民からの反応を聞いてみた。

「『ポスター見たよ。』、『ニュース見たよ』の声が、出演した『デーモンかかぁ』の4人へも届いており、インパクトはあったと思っています。
ただ、このキャンペーンは、受診率向上対策として実施しており、10月の『がん検診一斉受診月間』(今年は11/10まで)での受診者数増を目指しています。そういう意味では、ここから実際の受診に繋がることが大事だと思います」

広島県にはこれから「デーモンかかぁ」が増加していきそうだ。がん対策課の担当者は、「まずは予約を!」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)