今日の千葉は、いつもより星が美しかった 灯りの消えた街で1人の写真家が感じたこと

今日の千葉は、いつもより星が美しかった 灯りの消えた街で1人の写真家が感じたこと

オオハザマノリト(Norito_Ohazama

台風15号の影響で、2019年9月10日19時現在も千葉県を中心に停電が続いている。医療機関などへの影響も予想され、一刻も早い復旧が待たれる状況だ。

そんな中ツイッターでは、人家から明かりが消えた千葉で撮影された夜空の写真が話題になっている。

皮肉にも今日の千葉は星がきれい pic.twitter.com/Z8dstsaIpV
- オオハザマ ノリト (@Norito_Ohazama) September 9, 2019

こちらはツイッターユーザーのオオハザマノリト(@Norito_Ohazama)さんが、2019年9月10日未明に撮影した夜空。青黒い夜の色が頭上に広がり、無数の星が瞬いている。

街灯が消えた町の星明りの強さを思い知らされる。オオハザマさんも「本当に、これは災害だ」と伝えつつ、

「皮肉にも今日の千葉は星がきれい」

だと呟く。

そのほかのユーザーからも、「見上げる夜空に満天の星空」「停電してるから夜空綺麗すぎて見蕩れる」といったツイートが投稿されており、オオハザマさんと似たような感想を抱いた人は一定数いたようだ。

オオハザマさんは25歳の男性。上の写真は千葉県酒々井(しすい)町で撮影したという。Jタウンネットの取材に彼は、

「停電によって街灯も信号も機能しない中、お互い譲り合うドライバーといつにも増して光る星が暖かく感じました」

とコメントしている。


関連記事(外部サイト)