子供がプラレールを片付けてくれない... →そんな悩みを解決する「魔法のコンテナ」が話題に

子供がプラレールを片付けてくれない... →そんな悩みを解決する「魔法のコンテナ」が話題に

キュアカイシャイン小鳥遊(@taka_nashi)さんのツイートより

子どもがプラレールを片付けなくて困っている――。そんな親御さんの悩みを一瞬で解決できると話題の収納ケースがある。

それがこちらだ。


「JR日本貨物鉄道株式会社」と書かれた折りたたみ式の赤い箱。JRの線路を走る貨物列車のコンテナそっくりだ。

こちらは、日本貨物鉄道(東京都渋谷区、以下JR貨物)監修のもと、フィギュアメーカー・ケンエレファント(東京都千代田区)が製造する折りたたみコンテナで、JR貨物が輸送に用いる「JR貨物19D形コンテナ」を再現している。

注目されるきっかけとなったのは、ツイッターユーザー・キュアカイシャイン小鳥遊 (@taka_nashi)さんが2019年11月6日に投稿したツイートだ。

妻「長男のプラレールが多くなってきて仕舞う場所が...片付けないし、踏むと痛いし...」
俺「コンテナボックスみたいなのを買うか。良いのがあったら...マジかあったわ。コンテナ」
妻「ホムセンとかで売ってるみたいなやつ?」
俺「いや、コンテナ」
妻「?」
今すごい勢いで長男が片付けに入りました。 pic.twitter.com/jtBxAh289M
- キュアカイシャイン小鳥遊@C97日曜西こ01b (@taka_nashi) November 6, 2019

キュアカイシャイン小鳥遊さんがプラレールをしまわない息子にこの折りたたみコンテナを与えたところ、進んで片づけをはじめた、という内容だ。このツイートは7日夕時点で3万件以上のリツイートと9万件以上のいいねを集めている。

投稿を見た人からは、

「これは子供心をガッツリ掴んだ作戦!」
「これならお片付けもすすんでできますね」
「発想の勝利」

など、我が子の好みをよく理解したプレゼントに称賛の声が寄せられている。

キュアカイシャイン小鳥遊さんに、息子さんにコンテナを見せた時の反応を聞くと、

「電車大好きなのもあってすぐ食い付きました。
自分で組み立てて(といっても折り畳まれてるだけですが)『仕舞ってみようか』と聞いたらすぐに笑顔で片付けました」
「今朝もプラレールで遊んでいましたが、幼稚園に行く前に片付けましたね」

これまで片付けは気乗りしない様子だった息子さんが、喜んで片付けるというのだからその効果たるや驚くべきものだ。大好きな電車をしまう箱までもが電車になってしまったのだから、息子さんにとっての片付けは遊びに変身したのだろう。

「これにしてから『楽しく』片付けしているように見えるので、買って大成功だったと思っています」

と、キュアカイシャイン小鳥遊さんも嬉しそうな様子だ。

関連記事(外部サイト)