ここまで見事に凍るのか... 寒すぎて車のガラスが「二重窓」になった動画が凄い

ここまで見事に凍るのか... 寒すぎて車のガラスが「二重窓」になった動画が凄い

(画像はざくま(ZAQMgame2819)さんから)

窓を開けたのに、また窓が――? 

そんな雪国特有の現象を撮影した動画が、ツイッターで注目を集めている。

出勤前の車のフロントドアガラスに、氷が張っていたのだ。見事に窓を覆い隠すような形で、まるで曇りガラスのよう。いくら綺麗に張った氷とはいえ、そのまま車を走らせるわけにはいかない。

投稿者は「北海道の馬鹿野郎!」と言わんばかりに、窓を覆う氷をパンチで破壊。「むしゃくしゃしてやった」という供述をしそうな雰囲気である。それにしてもパリンッと割れた音が気持ちいい動画だ。

こちらは、ツイッターユーザーのざくま(@ZAQMgame2819)さんの投稿だ。2019年12月14日の朝9時半ころ、出勤前に自宅付近の駐車場で撮影したという。動画は注目を集め、他のユーザーからは、

「窓越しの窓」
「季節の風物詩的なもの」
「北海道あるある(笑)」
「北海道にいて初めて見た」

といった様々な反応が寄せられている。

「出勤前に、なんでこんな目に!」

気象庁の公式サイトによると、14日、北海道の気温は地域によっては、氷点下を下回っている。

「この日は、マイナスとプラスを行き来する気温で、雨が降っていました。そのため凍ったものと思います。窓を開けることが出来た(開けても氷が残った)のは、雨が窓と氷を剥離させたことが原因かと思います」

とJタウンネットの16日の取材に答えるざくまさん。彼は、生まれも育ちも北海道で26年住んでいるが、初めての体験だったと話す。


野暮な質問だが、パンチをした理由は何なのだろうか。

「出勤前に、なんでこんな目に!もう北海道のバカ!」

と思いストレートパンチを繰り出したと話す。会社員の傍ら、ユーチューバーを目指しているというざくまさんは、

「こんなに伸びると思っていませんでした。ユーチューブでいくら動画を載せても伸びなかったのに、こういったきっかけで多くの人に見ていただけて、とても嬉しいです。『馬鹿は言いすぎたよ北海道』と思っています」

とコメントした。

彼はきっとスカッとした気持ちで出勤したのだろう...!

関連記事(外部サイト)