本当に乗っても大丈夫...? 不穏な空気しか感じないエレベーターが発見される

本当に乗っても大丈夫...? 不穏な空気しか感じないエレベーターが発見される

本当に大丈夫?(写真はイシダPさんのツイートより)

今乗っているエレベーターが急に止まったらどうしよう。もし、ドアが開かなくなってしまったら?高いところから急に落下してしまったらどうなるのだろう?

エレベーターに乗っている時、そんな不安を抱いたことはないだろうか。

筆者は、今でこそ何も考えずにエレベーターに乗ることも多くなったが、子どものころは乗るたびに「閉じ込められたらどうしよう」と恐怖しながら、押してはいけないと言い聞かされていた非常用ボタンを押したい衝動と戦っていた。

そんな子どもの頃の気持ちが蘇ってくるエレベーターが、ツイッターで話題になっている。

エレベーターに精神力を要求されている pic.twitter.com/5KORwVg2nS
- イシダP (@twit_chu) December 16, 2019

こちらは、ツイッターユーザーのイシダP(@twit_chu)さんが2019年12月16日に投稿したツイート。古そうなエレベーターの「閉」ボタンはガムテープで覆い隠され、壁には「目的階に届く迄ボタンを離さないで押し続けてください」と大きな張り紙。


操作盤の横にはより詳細な操縦方法(?)が貼付されている。曰く、

「あわてず、あきらめなければ、必ず行き先までたどり着けます」


エレベーターにこんな注意書きが貼ってあっては、乗り込んだ瞬間に「やっぱり階段で行こう」と考え直す人も少なくないだろう。ツイートのリプライ欄には

「一度乗り込んでボタン押そうとして貼り紙に気がついてじっくり読んでから降りて階段で行くヤツだわコレw」
「怖すぎる 絶対 歩きます」
「さっさと修理しないと、危ないんじゃないの??」

など恐怖におののくコメントが寄せられている。

このエレベーター、本当に大丈夫なのか。身の危険はないのだろうか。Jタウンネット編集部は18日、エレベーターが設置されているビルのオーナー会社を取材した。

「安全性に問題はない」

エレベーターが設置されているのは茨城県某所だが、ビルのオーナー会社は東京都内にある。エレベーターの張り紙について知っているか尋ねると、同社が貼ったものだと明かした。

「ドアが閉まらなくなっていて、なぜか『閉』ボタンを押すとますます調子が悪くなるというのをエレベーターのメンテナンスをしている方から伺っています。
こういう風にしてください、というのは、メンテナンスをしている会社から聞いたことをうちが張り出しているという形です」

と同社の代表。今年9月に異常が見られるようになり、現在修理を待っているところだという。当初は年内には直るという話だったが、手に入らない部品があったため、現在の状況が続いていると話す。

「エレベーターなので不安を与えてしまうかもしれないことではあるんですが、エレベーターの技術の方に聞くと、問題としてはドアが閉まらなくなってしまうという問題なので、安全性には問題がないと聞いております。
閉じ込めにつながるタイプの故障ではないです。動いている途中で開くということもないです。でも、とにかく押し続けないとドアが開きっぱなしで何も動かないんです」

危なくはないらしいが、非常に不便そうだ。なんでも、エレベーターは1970年代に作られたもので、数年前に部品の供給が終了したという。

「リニューアルも考えているんですが、今、エレベーター(を扱う企業)がどこでも忙しいみたいで。古いものがみんなリニューアルしている最中らしいんですね。
順番待ちで時間がかかるということで、とりあえず今の問題を治すために修理して、その後もっと大規模な修繕をしようか、という見積もりです」(オーナー会社代表)

現状では、1月中には部品が手に入り、遅くとも2月の中旬までには直る予定だそう。

危険は無いようだが、ドアが全然閉まらないというのもストレスが大きいだろう。足腰が元気なら、階段を使うのが精神衛生上よさそうだ。

関連記事(外部サイト)