「貴族」の下に「民」... とある居酒屋ビルの看板からヒエラルキーを感じる

「鳥貴族」と「魚民」の看板が並んだ光景が話題に ヒエラルキーを感じる人も

記事まとめ

  • とあるビルの看板に「鳥貴族」と「魚民」が並んでおり、ツイッターで注目を集めている
  • 投稿者は、貴族と民という関係性に友人が気づき投稿したという
  • 中には「餃子の王将>鳥貴族>魚民」とさらに上のヒエラルキーランクを導き出した人も

「貴族」の下に「民」... とある居酒屋ビルの看板からヒエラルキーを感じる

「貴族」の下に「民」... とある居酒屋ビルの看板からヒエラルキーを感じる

両国にて(画像はのべべ(nobebe_tetsudou

とあるビルの看板に居酒屋の名前が大きく2つ。それが対立し合っているように見えると、ツイッターで注目を集めている。

こちらをよく見てほしい。


目に飛び込んでくるのは、3階に位置する海鮮が売りの「魚民」。そして鳥が売りの「鳥貴族」、こちらは7階に出店している。

「対義語並んでんのワロタ」

とつぶやいたのはツイッターユーザー、のべべ(@nobebe_tetsudou)さんだ。魚と鳥が対義語だと言っているわけではない。貴族と民という関係性に友人が気づき2019年12月18日、投稿したという。

見た目にも、ハッキリと分かれているのがお分かりだろうか。

鳥貴族の看板より魚民の方が、少し大きい。それが世の中の「民」の多さを物語るような1枚である。

こうしたチェーン店の名前から、ヒエラルキーを感じているユーザーの数は決して多くはない。ただ少なくとも、気づき始めている人はチラホラいるようで...。

餃子の王将>鳥貴族>魚民」

と、さらに上のランクを導き出した人もいた。たしかに王が一番上のような気もするが...。もちろん味はどの店も美味しいこと間違いなしである。

関連記事(外部サイト)