舌打ち、割り込み、荷物キック... まるで世紀末!電車内「迷惑行為トップ5」の壮絶体験談

舌打ち、割り込み、荷物キック... まるで世紀末!電車内「迷惑行為トップ5」の壮絶体験談

今年1年の総括だ(画像はイメージ)

2019年12月19日、一般社団法人日本民営鉄道協会(以下、民鉄協)は「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表した。

1位は「座席の座り方」。2位は「乗降時のマナー」と続いていく。なんと、迷惑行為は「特にない」とした人は、投票者全体の0.5%だけだったそう。やっぱり皆、電車内でかなりイライラを募らせているらしい。

Jタウンネットでも以前から、満員電車でのイライラ体験談を読者から募集している。例えば、次のような具合だ。

「扉が開くギリギリまで座っているのに、開いた途端、または開く寸前に立ち上がり、並んでいる人の間に割り込む人が増えています」
「入り口のドアに寄りかかって電車の中方向を向いて立っている人が迷惑です」
「リュックを背負ったままドア横に立つ人。顔や肩にリュックが当たってめちゃくちゃ痛いです」
「何が何でもスマホをいじる人!そのスマホを持っている手は私の肩に乗っているんですけど?!」

怒りの声は、今回発表された迷惑行為ランキングとオーバーラップする。

読者から寄せられた具体的な声を、ランキングのトップ5あわせて聞いていこう。


「詰めてもらえませんか」→嫌そうな顔で「チッ」

民鉄協の調査は、19年10月1日から11月30日にかけて、ウェブ上で実施されたもの。回答者数は2676人だった。

アンケートの結果、駅や電車の迷惑行為1位に選ばれたのは「座席の座り方」だった。

足を組んで浅く座る人や大股開きにカチンときた人がいる。編集部にメールを寄せた住所不明のAさん(年齢不明、男性)はこう話す。

「足を組んで浅く座っている社会人や、足の間に荷物を置いて大股開きで座っている学生さん。座席に荷物を置いている人、詰めない人、毎日数え上げればキリがないくらいです」

大阪府在住の会社員Bさん(50代女性)は、神戸新交通六甲アイランド線(愛称:六甲ライナー)で通勤していた頃を思い出す。

「モノレールなので、やや狭いのですが、ちょっと詰めて座っても、隣の人にくっつかず、5人は普通に座れるところ、たいがい4人座ったら、詰めようとしません。

スマホを皆持つようになってから、2人座れそうなところを1人で座り、若い人がゲームやりたさにすぐ座ります。

老人、体の不自由な人などが目に入らない人が、より増えたように思います。何より気持ちが悪いのが、『すみません、ちょっと詰めてもらえますか』と余裕のある座り方をしている若い人に声をかけると、嫌そうな顔で、『チッ』と言うような感じで立って違うところへ行かれることです」

電車に乗ったら、座りたい人は多いだろう。それゆえ座れぬ者たちのイライラ具合が増すことも理解ができる。

ちなみに、Jタウンネットは、過去に「満員電車で『座らない人』ってバカなの? 混雑車内のスペース問題に苛立つ人々の主張」という記事内で、逆に座らない人への苛ら立ちの声も紹介している。

「割り込んだ人を優先しろ」?

ランキング第2位は、「乗降時のマナー」である。

ドア付近から動かない人へ「迷惑」だと判を押す人は絶えない。いわゆる「ドア横キープマン」である。

だがJタウンネットには、違ったスタイルで乗車する人の出没情報も寄せられる。神奈川県在住の派遣社員Bさん(40代性別不明)は、ドアに背中から寄り掛かって立つ人が迷惑だという。

「ドアの前に立つ時はドア側を向いてほしい。満員電車では、顔がついてしまうんじゃないかとビクビクします。自分のスペースを保ちたい為にわざとやっているのでしょうか」

また、降りる人を待たずに乗り込む人や「座席に座っている人の割り込み」に疑問の声を挙げる人もいる。大阪府在住の会社員Cさん(40代後半男性)は、最近目立っている行為だと切り出す。

「降車扉の前で並んでいると、扉が開くギリギリまで座っているのに、開いた途端、または開く寸前に立ち上がり、並んでいる人の間に割り込む人が増えています。

昔は『座っている人は一番最後』という暗黙のルールがあったと思うのですが、最近は老若男女問わず、『割り込んだ人を優先しろ』みたいな人が多いです...」

Cさんは、この問題を会社で話題に挙げたところ、女性社員から「入りこめる隙間があるから」とバッサリ。これに対して、Cさんの不満は収まらないようで...。

「そりゃ、女性の後ろに立っているこちらは、1人分弱の間隔は取っていますよ。そこに入り込んで押してくるからたまったものではありません」

非常によくわかる話である。ただCさんは意外と話題に挙がらない問題であると、悲しんでいた。

「邪魔なんだよ邪魔っ!」

Jタウンネットには読者から、非常に具体的なメールが送られる。ランキング第3位は「荷物の持ち方・置き方」だ。石川県在住で自営業のDさん(40代女性)は、山手線乗車時を思い出す。

「満員電車、夕方6時前。静岡から移動し、山手線に乗り大きめのトランクスーツケースに仕事道具を入れて移動中たまたま座れたので座っていたら、立っていた巨体女性が降りる際に『邪魔なんだよ邪魔っ!』と私のスーツケースを4回蹴り飛ばし下車しました。

確実に相手の足は痛かったはずです。スーツケースはかなり頑丈ですし巨体女性はクロックスのようなゴムサンダル。周りも唖然としていましたが、私はひたすら相手の足は痛くなるだろうに...と落ち着いていました」

ふくよかな女性は、満員電車でドイツの高品質スーツケースが非常に邪魔だったのだろうか。

メールを寄せた被害者だというDさんは、実は加害者だったのかもしれない。

肩スマホやおしゃべりがうるさい!

ランキング第4位は「スマートフォン等の使い方」、5位は「騒々しい会話・はしゃぎまわり」である。こちらは歩きスマホやおしゃべりなど、容易に「迷惑行為」だと想像つくだろう。

埼玉県在住のEさん(年齢不明女性)は、こう話す。

「身動き取れないほどの混み具合にも関わらず、何が何でもスマホをいじる人!『そのスマホを持っている手は私の肩に乗っているんですけど?!』っていう状況も多くて、本っ当に腹立ちます!!」

いわゆる肩スマホ。筆者も経験したことがあり、過去に「俺の肩はスマホスタンドじゃない! ギュウギュウ満員電車の『迷惑スマホ』に怒りの声続々」とまとめたことがある。歩きスマホだけが迷惑行為ではないのである。

神奈川県在住の警備員Fさん(30代男性)は、

「学生の通学態度に対し、車内でうるさい(複数人での談笑)、ゲームをしながらあーでもないこーでもない...。こういううるささは我慢にも限界があります」

騒々しさは、スマホと関連性がありそうだ。以上が読者から数多く寄せられたイライラ体験談。ほんの一部である。振り返ると、どれもこれも経験している人がいるのではないだろうか。

「満員電車のイライラ体験談」、募集します

いかがであったろうか。迷惑行為をは「特にない」とした人は、ランキング全体の0.5%だったそうだ。みんなイライラする電車内。Jタウンネットでは読者の皆様の「満員電車のイライラ体験談」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、乗車していた電車名、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

関連記事(外部サイト)