一蘭のカウンターで渡された恐怖のメモ 「声を出すな」「トイレに来い」...その後どうした?

一蘭のカウンターで渡された恐怖のメモ 「声を出すな」「トイレに来い」...その後どうした?

(画像はにょろ(nyoronyoro0515)さん

どういうことなんだ――。ラーメンを啜っていたら、隣の席のおじさんからメモが届いた。

文を見ると、「トイレに来い」という言葉が。ツイッターに投稿された1枚の写真が、ネットユーザーを震撼させている。


「声を出すな」「たべおわったら」「トイレに来い」

赤文字で書かれた1枚の紙は、となりの席のおじさんから届いた。命令口調の短文。文字がブレているあたりが逆に怖い。

「一蘭行ったら隣の席のおじさんからこれ届いてまじで震えてる」

と話すのは、ツイッターユーザーのにょろさんだ。

とんこつラーメン専門店「一蘭」にて撮影した写真。「味集中カウンター」という両脇に設置されている仕切りが、個人席の役割を果たすことで人気の一蘭。このメモを見たユーザーは、リプライ(返信)欄に反応を示す。

「気に入られたんですね」
「ご健闘をお祈りします」
「知らないフリして店出ようとしたら出口で待ち構えてそう」

トイレに行ったら何をされるのか、わかったものではない。結局にょろさんは、答えたのだろうか。「で、続きは」と、その後が気になる人もいる。Jタウンネットは、本人に話を聞いた。

僕は終始無言でした

一蘭行ったら隣の席のおじさんからこれ届いてまじで震えてる pic.twitter.com/UVOSWm6eVV
- にょろ(家虎は害悪) (@nyoronyoro0515) December 17, 2019

2019年12月17日、ラーメン「一蘭」のカウンター席に着いたにょろさん。写真は21時に撮影したという。

「僕は1人で一蘭に来店して終始無言でした」

と20日、Jタウンネットの取材に答える彼は、多くを語ろうとしない。「声出すな」という言葉に、心当たりはないという。

「全く心当たりはありません。ただいきなりおじさんから紙が送られ、とても怖くなり記録代わりにでもなればと思いすぐさまツイートしました」

見た目は普通のおじさんだったため、何かの間違いかと思い戸惑った。だが近くにいたのは、自分とおじさんだけ。そのため「この人だ」と確信し、退店するタイミングを見計らった。いつ出るか迷っていたが、おじさんが替え玉を注文するときに、逃げたと話す。

トイレには行かなかったという投稿者。

ただただ、怖かったと答えるのみだった。

関連記事(外部サイト)