「『今だけ男』はご遠慮ください」 高速トイレの注意喚起に再注目...なぜ貼った? NEXCOに改めて聞いた

「『今だけ男』はご遠慮ください」 高速トイレの注意喚起に再注目...なぜ貼った? NEXCOに改めて聞いた

ここは男性用です(画像はネクスコ西日本から)

「今だけ男」の独自ルール適用もご遠慮ください――。

とあるサービスエリアの男性用トイレの入り口に貼られていたという「女子禁制の貼り紙」が、ツイッターで注目を集めている。

それがこちらだ。


2019年12月16日、あるツイッタユーザーがこの貼り紙の写真を投稿。「ここは男性用です」「女性は使用しないで下さい」「『今だけ男』の独自ルール適用もご遠慮ください」という注意書きのインパクトもあってか、投稿には8000件超のリツイート、2万件を超える「いいね」が寄せられている(19日昼時点)。

そもそも男性用トイレなのだから、わざわざ注意喚起する必要があるのだろうか...。疑問を抱く人は多いようだが、その一方で、

「たまにおばちゃん出てきますもんね」
「関西あるある」
「絶対西日本だと思った」

などと、なかば納得する声も挙がっている。

なぜ貼り出した?ネクスコに聞くと...

いったいなぜ貼りだしたのか。Jタウンネットが18日、ネクスコ西日本に確認してみると...。

広報担当者によれば、名神高速道路の吹田SAに14年8月頃から15年8月頃まで、約1年間だけ掲載していたもの。つまり、過去に撮影された写真が、改めてツイッターで注目を集めたというわけだ。

「ゴールデンウィークやお盆の期間、いわゆる繁忙期はトイレを利用するお客さんが増えます。そうしたなか、『男性用トイレを利用する女性がいた』と、現地の清掃員や男性のお客様から苦情を頂き、抑止効果を期待して、当時貼りだしました」(担当者)

「今だけ男」というフレーズは、当時作成に携わった担当者が、昔大阪付近で、「今だけ男」と宣言しながら、トイレを利用する人がいるという話を小耳にはさみ、盛り込んだという。

現在は取り外しているそうで、その理由については、

「表現として適切かどうかという懸念があり、見直しもかねて、取り外しています」

とした。個室トイレから女性が出てきたらビックリしてしまう。大阪ならでは(?)の貼り紙だったのだろう...。

関連記事(外部サイト)