ケンタッキーが神社で行う「チキン供養」 どういう行事なの?広報に聞いた

ケンタッキーフライドチキン、毎年神社で「チキン供養」 鶏や取引先への感謝込め

記事まとめ

  • ケンタッキーフライドチキン日本法人では、毎年チキンを供養する感謝祭が行われている
  • 鶏と、それに関わった取引先への感謝を込め、神社で玉串奉奠を行っている
  • SNSでは「ちゃんと供養してたんだ」「鳥さんいつもありがとう」といった声があがった

ケンタッキーが神社で行う「チキン供養」 どういう行事なの?広報に聞いた

ケンタッキーが神社で行う「チキン供養」 どういう行事なの?広報に聞いた

2019年6月、東伏見稲荷神社で行われたチキン感謝祭(画像提供はすべて日本ケンタッキー・フライド・チキン)


クリスマスにチキンを食べた人、手を挙げて!(きっとたくさん手が挙がっていることだろう)

クリスマスにチキンを食べる習慣は、どうやら日本だけらしい。欧米では七面鳥を食べるのが一般的と言われている。また国や地域によっては、ガチョウだったり、ローストビーフだったり、実はさまざまだという。

日本でチキンを食べる習慣が定着したきっかけの一つが、ケンタッキー・フライド・チキンのキャンペーンだったという。そのケンタッキー・フライド・チキンの日本法人では、毎年、チキンを供養する感謝祭が行われているそうだ。

Jタウンネット編集部は、その「チキン感謝祭」について取材した。

約2200万羽のチキンに感謝を込めて

取材に答えてくれたのは、日本ケンタッキー・フライド・チキン広報部の担当者だった、

「チキン感謝祭」はいつから始まったのか? をまず聞いた。

「1974年から執り行っています。KFCでは、おいしく安全で健康的なチキンをお客様にご提供するために、たくさんの関係者が日々情熱をもって取り組んでいます。その関係者とともに、鶏への感謝と供養を目的に執り行っています」

「チキン感謝祭」では、どんなことが行われるのだろうか?

「鶏と、それにかかわってくださっているお取引先様への感謝を込めて、今後もKFC事業を支えて下さるよう祈願し、玉串奉奠を行います」

ちなみに1年間のチキンの使用量は、約2200万羽(約2億ピース)だという。


「チキン感謝祭」にはどんな人が参加するのだろう?

「チキン生産・加工、油、粉にかかわるお取引先様に参加していただいており、弊社からは、社長、役員、物流・購買部、商品部、営業部の担当者など、10人程度が参加しています」

「チキン感謝祭」が行われるのは、関東は東伏見稲荷神社、関西は住吉大社だという。

ツイッターでは、この行事に関する関心が高く、「ちゃんと供養してたんだ・・・」「命をいただくというのを忘れちゃダメなんですねぇ。鳥さんいつもありがとう」などと言った声が寄せられている。

「チキン感謝祭」がSNSで話題になっていることについては、こんなコメントがあった。

「このような話題を取り上げていただき、びっくりしています。あまり知られていない、KFCの行事を知っていただく機会になったのではないか、と思います。引き続き、お客様においしい商品をお届けできるように、関係各社の皆様と力を合わせて取り組んでまいりたいと思います」

関連記事(外部サイト)