まるで「ラピュタ」の世界だ... 自然に飲み込まれた遊具が退廃的で美しい

緑に飲み込まれていく「人の痕跡」の写真 「ラピュタの内部じゃないですかー」と反響

記事まとめ

  • 京都写真うさだぬ (@usalica) が投稿した緑で溢れかえる公園の写真が話題になっている
  • 地球儀型のジャングルジムやブランコは錆で覆われ、周りにはビッシリと草が生えている
  • この写真に「緑に飲み込まれていく人の痕跡」「ラピュタの内部じゃないですか」と反響

まるで「ラピュタ」の世界だ... 自然に飲み込まれた遊具が退廃的で美しい

まるで「ラピュタ」の世界だ... 自然に飲み込まれた遊具が退廃的で美しい

錆におおわれた遊具(写真はうさだぬ帝国さんのツイートより)

緑に飲み込まれていく「人の痕跡」が退廃的で美しい――。そんなツイートが投稿され、話題になっている。

さっそく投稿をご覧いただこう。

緑に飲み込まれていく人の痕跡に、退廃的なノスタルジックを感じる。 pic.twitter.com/VFLjEaOCfb
- 京都写真うさだぬ (@usalica) January 13, 2020

こちらはツイッターユーザーのうさだぬ帝国(@usalica)さんによる2020年1月13日のツイートだ。投稿された4枚の写真は、緑で溢れかえる公園や建物の姿を映したもの。人間が作ったもののはずなのに、自然の一部になっているようで神秘的だ。


元気な子供たちが使っていたであろう地球儀型のジャングルジムやブランコの周りにはビッシリと草が生え、全く動きが感じられないオブジェと化している。

橋の写真の左端には、「ご自由に御使用下さい」という看板も見えるが、果たして何をさしていたのだろうか。

人類の営みの儚さを感じさせると同時に、大自然に対する畏敬の念を抱かせる神秘的な光景だ。


このツイートには、こんな反応が。

「かつてここで遊んだ子供達や気を仰ぎ見ていた人たちが居たのかと考えるととても不思議」
「緑に飲み込まれていく人の痕跡、、、日本語の表現って、限りなく美しくできるなぁ」
「ラピュタの内部じゃないですかー」

神秘的な美しさに惹かれるユーザーが多く、この景色を映画やアニメの世界観になぞらえる声もあった。

人間が植えたであろう木までもが苔に覆われているところをみると、我々にとっての永遠なんて存在しないことを思い知らされるようだ。(ライター:Met)

関連記事(外部サイト)