新潟駅前のシンボル「吉乃川」看板が撤去 「寂しい」「目印なのに」惜しむ声相次ぐ

新潟駅前のシンボル「吉乃川」看板が撤去 「寂しい」「目印なのに」惜しむ声相次ぐ

撤去される(画像は吉乃川公式ツイッターより)

JR新潟駅万代口近くに設置された「吉乃川」と書かれた大きな看板。その上にはシンボルマークの瓢箪がちょこんとのっている。

看板を設置するのは日本酒の蔵元「吉乃川」(新潟県長岡市)。看板は20年以上前から風景の一部として溶け込んでいて、どこか貫禄すら感じられる。

しかし2020年1月29日、吉乃川公式ツイッターではこんなお知らせがあった。

「来月に入ると撤去工事が始まります」


なんと、2月に撤去されてしまうとのこと。さらに吉乃川は、

「新潟駅前にお勤めの皆さん、お近くにお住いの皆さん、最後にぜひ写真を撮ってアップして下さい!日常の風景の一枚として」

と続け、看板の写真を撮ってツイッターにアップするように呼び掛けた。

この投稿に対し、ほかのユーザーからは、

「ある事が当たり前だった、無くなってからその存在の大きさが分かるんだよなぁ」
「新潟のランドマーク的看板がまたなくなり寂しいです」
「えーっ!新潟の目印なのに〜」

といった声が寄せられている。

担当者「記録に残さないと忘れちゃう」

なぜ看板は撤去されてしまうのだろうか。Jタウンネットは2月4日、吉乃川のツイッター担当者を取材した。

1996年から設置されるこの看板。撤去の主な理由は「老朽化」だといい、サビなどもひどいとのこと。それに加え、看板の裏に大きな建物が建てられるため修繕や取り壊しが難しくなることから、このタイミングでの撤去を決定した。新しい看板を設置する予定はないという。

ツイッターでは吉乃川の投稿をうけ、看板の写真をアップするユーザーが続出している。

引っ越しで新潟駅について、ホテルに向かうタクシーから見えて「おぉ、新潟に来たぁ。」と 新潟で一番最初の思い出になった「吉乃川」の看板。取り壊しになってしまうみたいなので 見に行きました。運転手さんが日報ビルに上れる事も教えてくれました。あれから9ヶ月。早いなぁ。 pic.twitter.com/RL0GeZfTze
- りえる (@SUMAMEMAME) February 1, 2020

おはようございます。
実は 吉乃川さんの例の看板を昨日撮影してきたのであります。ただ、この写真、撮影時には気が付かなかったんですが、道路の中央部の自転車用のレーンを走ってる男性(UMAか?w)がいて 気になって看板どころじゃないのです
また週明けかぁー
気合いだけでも入れて行こう! pic.twitter.com/wEwQfmpUy7
- Aki (@aki_kiku) February 2, 2020

写真をアップするように呼び掛けた理由について、担当者は次のように話す。

「日常の風景って記録に残さないと忘れちゃうじゃないですか。例えばビルが壊されたら『ここに何の建物あったかな』って思うこと、ありません?たぶんアレもそうなると思うんですよ。それだったら新潟駅前で働いている人や万代に買い物に来られた方に、変わる前の風景を残しておいてもらえたら嬉しいなと思いました」

また吉乃川の本社は長岡市にあるため、会社の人は看板をあまり意識していないとのこと。「新潟駅周辺を生活圏にしている人の方が思い入れがあると思います」としている。


筆者自身、地元に帰ったときなどに「あの建物なくなったんだ」という喪失感や寂しさを感じることがある。知らない間になくなってしまった――そんな思いをする人が今回は少し減るかもしれない。

予想外の反響に「びっくりしました」と話す担当者。その日、別の仕事で看板の近くまでいったところ実際に撮っている人が何人かいたという。

「(ツイッターの反響は)単純に嬉しいですよね。あと書き込みでは『目印に使っていた』という人が結構おられて、実際に役に立ってたっていうのが分かって結構嬉しかったです」

関連記事(外部サイト)