株主総会をフェスにしてみたら...? 証券投資×若者を結ぶアイデア広告が面白い

株主総会をフェスにしてみたら...? 証券投資×若者を結ぶアイデア広告が面白い

なんだこれは...?

一風変わった「証券投資」の広告が、東京・大阪・名古屋・金沢の4都市に登場する。

まずはこちらをご覧いただこう。


これは「どうしたら若者が証券投資を始めたくなるのか」というテーマについて、様々なアイデアをずらっと並べた広告だ。壁一面に書かれたアイデアの数々を眺めてみると、

「経済とか投資をテーマにしたカードゲームを始める」
「証券投資を必修科目にする」
「『投資』を題材にした漫画かアニメかゲームをメディア展開する!」

などユニークなものばかり。中には、「フェス方式の株主総会」といった攻めたアイデアもあって、なかなか興味深い。


この広告は、日本証券業協会が、2月13日の「NISA(少額投資非課税制度)の日」にあわせて展開するもの。

広告に掲載するアイデアは、「100年大学 投資はじめて学部」というツイッターキャンペーンで一般ユーザーから募集したもの。2019年8月1日から10月31日までに集まった2500件超のアイデアの中から、とくに斬新な視点をもったものを厳選して掲載するという。

掲出場所と期間は、東京・新宿(20年2月10〜16日)、大阪・梅田(2月7〜13日)、名古屋(2月10〜16日)、金沢(2月11〜17日)となっている。

関連記事(外部サイト)