テレワークの1日、懐かしの「レースガイド」風に 話題のパロディ動画、作者のこだわりを聞いた

テレワークの1日、懐かしの「レースガイド」風に 話題のパロディ動画、作者のこだわりを聞いた

懐かしさを感じる...(平成生まれが昭和・90年代を語る会のツイートより)

政府の緊急事態宣言から約1週間。ついに本格的に在宅勤務が始まった、という人もいるだろう。

そんな中、テレワーク中の1日の様子をあるテレビ番組風に紹介した映像がツイッターで話題になっている。

私のテレワークで家にこもっている様子をレースガイドの形でご紹介します。 pic.twitter.com/1DWpcBFpKV
- 平成生まれが昭和・90年代を語る会 (@1989showa) April 10, 2020

こちらは、「平成生まれが昭和・90年代を語る会」(@1989showa)のツイッターアカウントが2020年4月10日に投稿したツイートだ。その日の競輪や競馬、ボートレース、オートレースなどの実施予定を読み上げるレースガイドを模した映像で、その名も「テレワークガイド」。

仕事は「仕方なく開催」

山の上を流れる雲の映像をバックに、なんとも懐かしさを感じる字体と色で書かれた「テレワークガイド」の文字。7時58分という放映時間や「クリアビジョン」「ステレオ」の表示もなんだか懐かしい。

バックでは落ち着いた雰囲気のピアノ演奏が流れ、1人の女性が淡々と「今日の予定」を読み上げる。

「今日の予定は、起床・朝食・二度寝・仕事・昼食・昼寝・間食・夕食・就寝となっております」

実際のレースガイドでは、どの競技がどこで行われるかを紹介する部分だが、テレワークガイドでは一日の流れを説明。起きて、食べて、寝て、仕事して、食べて、寝て、食べて、食べて、寝ている。

そして、その続きでは、より詳しい情報が流れる。

「起床・朝食・二度寝は、本日開催いたします。仕事は、仕方なく開催いたします。
昼食・昼寝も本日開催いたします。仕事は、仕方なく開催いたします」

仕事は二度寝と昼寝の後に嫌々行われているようだ。淡々としたナレーションなのに、「仕方なく」に感情がにじみ出ている。


確かに家で仕事していると、電車に乗る必要がないので「あとちょっとだけ」と二度寝の誘惑に負けそうになる。お昼の休憩も、会社では昼寝しづらいが、家なら遠慮せずできるだろう。きっちり休憩時間内に起きる自信がある人だけだが...。

優雅に泳ぐ白鳥から、風に揺れる黄色い花に映像は切り替わり、ナレーションはまだ続く。

「間食は適宜開催となります。運動・ダイエットは都合により中止です。
夕食・就寝は本日開催いたします。
不要不急の外出は4月7日から5月6日まで、終日中止となっております」

食べて寝るばかりだし、運動は中止。スポーツジムも休業中だし仕方ないかもしれないが、このままでは次に出社する日までに体重がかなり増加してしまいそうだ。


「テレワークガイドを終わります」の言葉とともに、映像は終了。時々入るノイズ音や、なんとも言えない背景映像に、まるで昔に戻ったような気持ちになる。見た人からは、

「面白さを通り越して感動しました」「フォントの再現度の高さに拍手!!」「ちょっとノイズが入るところもリアル!」

など絶賛されている。

作者「ガイドより真面目に仕事をしています」

映像を制作したのは、「平成生まれが昭和・90年代を語る会」の会長。

13日、Jタウンネット編集部の取材に応じた会長によると、同会は昭和の文化や平成の文化が好きな平成生まれの人たちの集まりだという。現在は東京本部・関西支部・沼津支部があり、 40人ほどのメンバーがいる。

4年ほど前に会を立ち上げた会長は、映像編集の仕事をする女性で、平成2年生まれ。過去を再現した写真や動画を投稿する「タイムトラベルガール」というインスタグラムアカウントを同会のメンバーと運営しており、テレワークガイドもその企画の1つとして制作したという。

「フリー動画サイトで白鳥が泳いでいる映像を見つけて『これ、レースガイドっぽい』と思ったのですが、そのままレースガイドのパロディするのも物足りないので、もっと馬鹿馬鹿しい情報を紹介したら面白いかなと1ヶ月前になんとなく思っていました。
その後、仕事がテレワークに移行したので『このテレワーク生活を紹介してみようかな』と思って制作してみました」

と会長。映像と音楽はフリー素材サイトのものを活用し、ロゴは自分自身で制作したものだそう。

ナレーションは高い声で、出来るだけ無機質に話すのがポイント。会長自身は地声が低いため、編集で高く加工しているそうだ。

テレワークガイドの食っちゃ寝生活からは想像しにくい力の入れようだが、「私のテレワーク生活はテレワークガイドより真面目に仕事をしています(笑)」とのこと。

これからテレワークになる、という人は動画を見て「テレワークってこんな感じなんだ」とうっかり油断しないように気をつけてほしい。

関連記事(外部サイト)