Zoomの途中離席に潜む危険 相手の音声をオフにしないと...AIスピーカーでイタズラされるかも

会議ツール「Zoom」の途中離席に潜む危険 AIスピーカーでイタズラされる可能性も

記事まとめ

  • ウェブ会議ツール「Zoom」で離席する時、音声を流しっぱなしにしている人は要注意
  • 「OK Google」は音声アシスタント「Google アシスタント」を起動するコマンド
  • 相手の端末のアラームを、気づかれないうちにセットしようとした人もいるという

Zoomの途中離席に潜む危険 相手の音声をオフにしないと...AIスピーカーでイタズラされるかも

Zoomの途中離席に潜む危険 相手の音声をオフにしないと...AIスピーカーでイタズラされるかも

今のアラーム、誰の仕業!?

みなさん、ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったミーティングや飲み会の途中で離席する時、音声はどうしているだろうか。

もし、流しっぱなしにしている、という人は気をつけて。あなたが見ていないところで、こんなことが起こっているかもしれない。

これは裏技なので秘密にしておきたかったのですが、Zoom中相手にいらいらしてきたら、相手が席を外したタイミングで「OK Google 朝5:30にタイマーをかけて」「OK Google 朝5:40にタイマーかけて」「OK Google 朝5:50にタイマーかけて」と3回唱えると、時間差で相手に大ダメージを与えることができます
- DAI (@never_be_a_pm) May 20, 2020

こちらは、プログラミング独学者向けのウェブサイトを運営するDAIさんが2020年5月20日に投稿したツイート。

「OK Google」は、Androidのスマートフォンや、Google Homeに搭載されている音声アシスタント「Google アシスタント」を起動するコマンドだ。つまりDAIさんは、相手の端末のアラームを、気づかれないうちにセットしようとしたのだ。

待っていたのは驚きの結末

しかも、設定時刻は5時30分という早朝から、10分刻み。こんな時間に予想外のアラームで叩き起こされたら、驚きと困惑、そして恐怖でかなりの心理的ダメージを負ってしまうに違いない。


DAIさんのツイートには、

「悪魔の所業 今度やろう(小声)」
「かなり効果的な攻撃w」
「リモートで相手にダメージを与えることができるなんて!」

などの反応が。やってみたくてうずうずしている人もいるようだ。

ただし、イタズラはそうそう上手くはいかなかったらしい。DAIさんは、続けてこうツイートしている。

「なお相手の家にはAlexaがおいてあり、自分の家にしかGoogle Homeがなかったので、結局ダメージ受けるのは自分だけでした」

Alexaは、Amazon Echoに搭載されている音声アシスタント。もちろん「OK Google」と話しかけても反応してくれない。

DAIさんはこれによってダメージを受けたというが、もしかして、自分の端末にはしっかりアラームが設定されていたのだろうか。

気になったJタウンネット編集部が21日、DAIさんにその後の顛末を聞いてみると、

「完全に自爆しました!」

とのこと。設定されたアラームを解除し忘れたためGoogle Homeは翌朝5時30分にしっかり鳴り響き、DAIさんを目覚めさせたそうだ。

本人は自分がかけたアラームだとわかるからまだマシだが、もしイタズラが成功していたら...と思うと恐ろしい。Zoomで途中離席する際は、コンピューターの音声をオフにしておこう。

関連記事(外部サイト)