「上毛かるたクイズ」で身元を証明 群馬県民限定イベントの参加フォームが話題...主催者のねらいを聞いた

「上毛かるたクイズ」で身元を証明 群馬県民限定イベントの参加フォームが話題...主催者のねらいを聞いた

都道府県は「グンマー(群馬県)」しか選べない(画像は事前登録フォームより)

カネコ種苗ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)で2020年6月7日に開催されるコスプレイベント「フラパ!」。新型コロナウイルス感染拡大による状況を顧みてか、今回の参加者は群馬県民限定だ。

参加者はフラパ!の公式サイトから事前に登録する必要があるが、注目すべきはその参加フォームの内容だ。本当に群馬県民かどうかを確かめるためか、こんな項目が用意されているのだ。

「ここでクイズです。上毛カルタの『つ』は何?」

群馬県民ならば誰でも知っているとされる「上毛かるた」の札の一つが、なぜかクイズ形式で出題されている。しかも必須項目だ。間違えると群馬県民ではないとみなされ、参加権が与えられないということなのだろうか...。


このフォームについてツイッターでは、

「上毛かるた...???はっ!群馬県民じゃないのがばれた」
「『つ』じゃ簡単だ!なかなか出てこなそうなところにしてさらに難易度上げましょう!」
「これだけだとググって回答する人もいるだろうから、当日入場時にランダムな文字で答えさせるようにすれば完璧ですね」
「まさかの案で面白いですね!上毛かるた全部言えるので【つ】以外でも問題ありませぬ!」

といった声が寄せられ、話題になっている。

「つ」は「忘れてはいけないカルタの1つ」

Jタウンネットは5日、この設問を考えたというフラパ実行委員会の担当者に詳しい話を聞いた。

担当者によれば、「フラパ!」は今年で11年目を迎える毎月開催のコスプレイベント。参加者は100人弱で、埼玉や東京からの参加も多いという。3〜5月は開催を中止しており、6月は4か月ぶりの開催となる。

今回のイベントを群馬県民限定にした理由について、担当者は、

「新型コロナウイルスの影響により県を跨ぐ移動の自粛要請が続くなか、少しでも非日常のコスプレを楽しんでいただきたいと思い、県を跨がないグンマー県民のためにイベントを開催しました」

としている。現時点で50人近くの群馬県民が参加を希望しており、担当者もその人数の県民コスプレイヤーがいたことに驚いているという。

話題になった「上毛かるた」問題の正答率は100%。「つ」の札を選んだのには何か理由がるのだろうか。

「グンマー県民は、小中学校で必修科目になっている上毛かるたを知っていると思いますが、必ず覚えるカルタが存在しています。特徴的な絵の『よ』、世代で分かれるグンマー人口の『ち』についで、『つ』は忘れてはいけないカルタの1つです」

群馬県民にしてみれば「つ」は比較的回答しやすい札らしい。

担当者は設問がツイッターで話題になったことについて、

「グンマーへの通行手形じゃないですけど、映画『翔んで埼玉』の影響もあり、始めました。ツイッターでこんなにも広がってしまいましたが、我々もコロナが広まらないようにできる限り対策をして、参加者にコスプレという非日常の空間をまた作っていきたいと思います」

としている。

ちなみに事前登録フォームは、参加者が定員に達するとサイト上に表示されなくなるという。

関連記事(外部サイト)