サクマドロップスの「排出率」調べた結果が話題に なぜ味に偏りが?メーカーに聞くと...

サクマドロップスの「排出率」調べた結果が話題に なぜ味に偏りが?メーカーに聞くと...

ん?思ったよりも...(画像はmighty@almighty0404

サクマ製菓のロングセラー商品「サクマドロップス」。

レトロでかわいい缶に、ハッカやイチゴなど、ぜんぶで8種類の味が入っている。きっと、読者の皆様にもお気に入りの味があったはずだ。

そんなサクマドロップスの「味の排出率」が、ツイッターで話題となっている。

きっかけとなったのは、ツイッターユーザーのmighty(@almighty0404)さんが2020年5月31日に投稿したこちらの写真だ。開封したばかりのサクマドロップスの中身を、ティッシュの上に出してみたというのだが...。


サクマ製菓のホームページによると、サクマドロップスの中身は次の通り。

「イチゴ味...赤色、パイン味...黄色、レモン味...透明白色、オレンジ味...オレンジ色、リンゴ味...ピンク色、メロン味...緑色、スモモ味...薄青色、ハッカ味...白色」

mightyさんのサクマドロップスは、ハッカ味(6個)とメロン味(6個)が多く、イチゴ(2個)とオレンジ(2個)、スモモ味(2個)が少なめだ。パイン味に至っては1個も入っていない。

こうした状況について、mightyさんは「ソシャゲのガチャの排出率みたいな偏り」とつぶやいている。確かに、なかなかアンバランスな配分ではある。

いったい、味の配分はどのように決めているのだろうか。Jタウンネットはサクマドロップスを販売するサクマ製菓(東京・目黒区)の商品企画部を取材した。

なぜ偏りがあるのか

缶の中身の決め方について、商品企画部の担当者は8日、

「弊社の缶ドロップスは、1缶になるべく均等に入るよう、事前に8種類を混合してから入れております」

と回答が。では、今回mightyさんが投稿した写真のように、全種類の味が入っていない可能性もあるのか。

担当者に聞いてみると

「弊社では8種類の混合には十分注意しておりますが、全種類入らない可能性はあります。
8種類全て同じ数量を生産・混合しておりますが、1缶あたりの配分(1缶あたりに各味がどのくらいの割合で入るのか)を決めておりませんので、
どうしても偏りが生じてしまい、まれに1缶の中に8種類入らないケースがございます」

とのことだった。

今回、ツイッター上で話題となっていたことに関しては知らなかったそうで、

「サクマドロップスはお子様からご年配の方まで幅広い世代に愛されてきた商品です。ガチャガチャと同じく『何が出るかわからない』といったワクワクや楽しみを多くの方に楽しんで頂いていることに大変嬉しく思っております。
これからもお客様に喜んで頂けるような、長く愛される商品づくりを行ってまいります」

とした。

関連記事(外部サイト)