「明日を、変えよう(※気持ちのこと)」 斬新すぎるCMテロップが話題→どういう意味?担当者に聞くと...

「明日を、変えよう(※気持ちのこと)」 斬新すぎるCMテロップが話題→どういう意味?担当者に聞くと...

どういうこと?(画像はルシェリ公式YouTubeチャンネルより)

女優の井川遥さんが出演するコーセーの化粧品ブランド「ルシェリ」のCMが、ツイッターで思わぬ注目を集めている。

話題になったのは、井川さんがCM中に「明日を、変えよう」と言う場面。そのとき、画面の右下には、こんな注釈テロップが表示される。


「※気持ちのこと。」

これは「明日を、変えよう」という言葉に対してだろうか、あまり見たことがないタイプの注釈だ。ツイッターではこの注釈について、

「『気持ちのこと』なんて表現は初めて見たわ」
「やはりクレーム防止・対策ですよね。明日劇的に肌が変わるわけではありませんよ、って」
「こうして話題になることを狙った新手の宣伝のような」

などと推測する声が出ている。

テレビ局でのCM考査で指示

あの注釈をなぜ入れたのか。Jタウンネットは2020年6月11日、コーセー宣伝部の担当者に取材した。

担当者によれば、話題となったルシェリのCM「明日を、変えよう。」編は19年10月からテレビで放送。「※気持ちのこと。」の注釈は、「明日を、変えよう」のセリフに対するもので間違いないという。

注釈を入れた理由を聞いてみると、

「気持ちの面で『明日を、変えよう』という表現の意図を示すため注釈対応しています」

とのこと。

担当者によれば、テレビ局でのCM考査(民放連の放送基準等に抵触していないかの確認作業)で、薬機法に基づき「明日を、変えよう」のコピーが「明日に対する前向きな気持ち」であることが視聴者に伝わるよう、注釈として入れるように指示を受けたという。

「肌を変える」という意味に誤解されることを避けたのだろう。

今回話題になった「※気持ちのこと。」という注釈は、同ブランドのCM「肌が、ごくり。」編にも登場する。

化粧水を顔になじませているとみられる場面だが、井川さんが頬に手を当て「ぐい」と発した時に同じ注釈が出ている。こちらも化粧水が浸透している表現と取られかねないため注釈を入れたと思われる。

担当者はツイッター上の反応に対し、

「今回、SNS上で多くの反響を頂きありがとうございます。私達の製作する広告が、世の中の皆様に影響を与えているものであるということを改めて認識し、よりお客様の心に響く魅力的な広告を世の中にお届けできるよう今後も取り組んで参りたいと思います」

とコメントしている。

関連記事(外部サイト)