弥勒ならぬ「ミルク菩薩」 静岡に実在する謎の仏像が話題に→なぜ作った?地元に聞くと...

弥勒ならぬ「ミルク菩薩」 静岡に実在する謎の仏像が話題に→なぜ作った?地元に聞くと...

ぜひ触らせていただきたい(画像はQuzilla@quzilladubさん提供)

「静岡県東部には触るだけで即爆乳になれるミルク菩薩が居ます。必触!」

ツイッターユーザーのQuzilla(@quzilladub)さんのこんなツイートが話題になっている。

静岡県東部には触るだけで即爆乳になれるミルク菩薩が居ます。必触! pic.twitter.com/QDfPM2fqy3
- Quzilla (@quzilladub) June 6, 2020

ミルク菩薩があるのは、酪農体験などができる「富士ミルクランド」(静岡県富士宮市)の敷地内。菩薩は牛に腰かけ、実に柔和な表情をしている。

そして、その傍らには次のような説明書きが。

ミルク菩薩
巨乳願望のあなた、一触即益!
成長期の君、カルシウム増強!
妊婦の方、母体健康!
ついでに、恋愛成就、家内安全、商売繁盛、地域活性など
みるく菩薩は、富士山の恵み、地域愛の化身です


巨乳のほかにも、複数のご利益がある様子。「ミルク菩薩」と「みるく菩薩」、表記が混在しているのが気になるが...。筆者(女性)としては、ぜひとも触りに行きたいところだ。

「クスッと笑ってもらえるようなものを」

いったいミルク菩薩は何のために設置されたのか。

Jタウンネットは2020年6月25日、ミルク菩薩の建立に携わった一般社団法人「富士宮総合研究機構」の代表理事・田邊元裕さん(43)を取材した。

田邊さんによれば、富士宮総合研究機構は「食」に絡めた地域おこしを実施している団体。ミルク菩薩は団体内のPRチーム「富士宮みるく学会」が企画し、2009年7月に建立された。田邊さんは一般会員として企画に参加していたという。


このミルク菩薩も地域おこしの一環。富士ミルクランドにお願いする形で建てたという。

ミルク菩薩の名前については「弥勒菩薩」の「弥勒」と「ミルク」をかけた。正式表記を聞くと、ひらがなで「みるく菩薩」とのことだが、間違いではないのでどちらでもいいという。

ご利益についてはどのように考えたのだろうか。田邊さんに聞いてみると、

「真面目にご利益がありますというよりも、みんなにクスッと笑ってもらえるようなものを考えました。女性からすると多くの人が願望あるんじゃないかということで。当時の富士宮みるく学会の会長含め、女性メンバーもノリノリでした」

とのこと。女性へのご利益以外にも、カルシウム増強、家内安全、商売繁盛など、ターゲットは幅広い。


田邊さんはミルク菩薩がツイッターで話題になっていることについて、

「仕掛けたチームの一人としては非常に嬉しいです。当時は活動も盛り上がっていましたが今では下火になってきているので...。当時の頑張った結果がいろいろな方の目に留まっているのはありがたいです。これもミルクル(ミラクル)ですね」

と話していた。

関連記事(外部サイト)