惣菜は「手抜き」じゃなくて「時短」です ポテサラおじさんを完全論破するスーパーのPOPがかっこいい

惣菜は「手抜き」じゃなくて「時短」です ポテサラおじさんを完全論破するスーパーのPOPがかっこいい

惣菜買うのは手抜きじゃない(画像はさいみん@saimin_echoさん提供)

ある店舗の惣菜コーナーで、ポテトサラダを買おうとした子連れ女性に「母親ならポテトサラダぐらい作ったらどうだ」と声をかけた高齢男性の話がツイッターで話題になっている。

投稿に対しては男性に対する非難の声が相次ぎ、「ポテトサラダ」「ポテサラ」のワードがツイッタートレンド入り。多くの人がポテトサラダを買う女性を支持した。

しかしその一方で「母親がスーパーで惣菜を買うのは『手抜き』かもしれない」と葛藤するお母さん方もきっといることだろう。ツイッターでは、そんな悩みを解消してくれそうな店頭POPが注目を集めている。


「このコーナーで売っているのは時間です」

こんな言葉が書かれたPOPが掲示されているのは、東京・千葉に店舗展開するスーパーマーケットの惣菜コーナー。掲示には続けて、

「夕食にぴったりな時短メニュー大集合!調理時間短縮に『お惣菜』
『手を抜いた』と言われないためにお気に入りのお皿に盛りつけるだけで『手作り気分』ですよね!」

と記載されている。

惣菜一品作るのにも、時間がかかる。そしてこの総菜コーナーでは、その「時間」が販売されているのだ。

主婦は食事の準備以外にも、他の家事や子供の世話などをしなければならない場合も多い。店頭に並ぶ惣菜を購入すれば、料理に費やす時間を短縮し、他のことができるようになる。そう、お惣菜を買うというのは、手抜きではなく「時短テク」なのだ。

「ありがとう」「この売り文句好きです」

このPOPを投稿者したのはツイッターユーザーのさいみん(@saimin_echo)さん。2020年7月11日に投稿したところ、13日19時時点で8万8000件超のいいねが付いている。

近所のスーパーのお惣菜コーナーは「ポテサラくらい作ったらどうだ」に対する完璧な回答を出してる pic.twitter.com/qvuvf10oFE
- さいみん (@saimin_echo) July 11, 2020

さいみんさんによれば、このPOPはポテトサラダの投稿が話題になる前から、この店舗にあったそう。投稿に対し、他のユーザーからは、

「ありがとう。ただただ、ありがとう」
「素晴らしい対応のスーパーですね!素敵です」
「この売り文句好きです(笑)」
「料理は大抵手間がかかる。『◯◯くらい作れ』とのたまう人は一度料理をしてみるといいと思いますw」

といった声が寄せられている。

詳細を知るため、Jタウンネットは2020年7月13日、こちらの店舗の運営会社に取材したが、

「新型コロナウイルスの影響で取材はすべてお断りしています」

との回答だった。

関連記事(外部サイト)