男の子が5人、女の子が9人。どっちが多い?→息子の自由すぎる回答に思わずツッコミ 「犬、どっから連れてきてん!」

男の子が5人、女の子が9人。どっちが多い?→息子の自由すぎる回答に思わずツッコミ 「犬、どっから連れてきてん!」

「いぬ」...?(画像はグラインドコア子(@kirishoko

「おとこのこが5にんいます。おんなのこが9にんいます。どちらがなんにんおおいでしょう」

この問題は、ある小学校で出された夏休みの宿題の一部である。きっと多くの人は、「女の子が4人多い」と答えるはずだ。

しかし、ツイッターユーザーのグラインドコア子(@kirishoko)さんの息子は、別の答えを導いた。その思わぬ解答が、ツイッター上で注目を集めている。


こちらが、グラインドコア子さんが2020年8月3日に投稿した、算数の宿題の写真だ。

彼女の息子が記入したのは、解答部分にあたる「しき」と「こたえ」。

「しき」の部分には、

「9-5=4」

この数式には赤ペンで、丸。正解である。

だが「こたえ」を書き込む欄には

「いぬが4人おおい」

とある。ひらがなで「いぬ」。おそらく、動物の犬だろう。男の子と女の子の数を比べていたはずが、突然の犬の登場。女の子たちはどこへ行ってしまったのか...。グラインドコア子さんは

「いぬ、どっから連れてきてん!!返してきなさい!!!」

とつぶやいている。思わずツッコミを入れたくなる解答だ。この答えには、

「おんなのこが犬みたいな行動を取っていたのでわ...」
「子どもは想像力が爆発してるな」
「子どもが犬を拾ってくるのは基本です」

といった反応が寄せられている。

どこから「いぬ」を連れてきたのか

グラインドコア子さんの息子は、なぜ「いぬ」と記入したのだろうか。

もう一度、さきほどの画像を見てほしい。


問2の問題文の右上に「2ひき」と見えるだろう。

もしや、1つ前の問題に犬が登場していたのでは...。

そう思った人は正解だ。投稿者が投稿した問1の写真がこちら。


問1には犬と猫のイラストが並んでいる。投稿者は、この画像とともに

「ちなみに皆さんお察しのとおり完全に問1から連れてきた感ありますね...ねこもいるけどいぬかわいいな!!これは引っ張られるな!!!」

とつぶやいている。

4日、Jタウンネットが投稿者のグラインドコア子さんに詳しい話を聞くと、解答した息子さんは小学1年生だという。発見した時の状況を尋ねると、

「私が丸つけをしたところ、この答えを見つけました」

と教えてくれた。「いぬ」という答えを見た時は「二度見しました」とも。

彼女を通じて息子に、「いぬ」と書いた理由を聞いてもらうと、

「息子曰く『なんでかわからへんけど犬やと思った』そうです。すぐに照れ笑いしながら『おんなのこ』と書き換えていました」

とのこと。息子には「『いやどっから犬連れてきとんねーん!』とツッコミ」を入れたそうだ。

息子の解答が注目を集めたことに、彼女はこう述べた。

「ほんとに何気なくつぶやいたことなので反響の大きさに驚いています。
皆さんが私以上に解答を注視して『消した跡がある...?』『4ひきって書いて消した』『丸つけかけてるのが面白い』等、こちらが思いもしなかったことをリプライしてくださったので、私も余計に息子のおバカ解答を愛おしく感じることができました」

関連記事(外部サイト)