広島では「オタフクソース」は飲み物だった...? サッカー試合中、電光掲示板に表示された衝撃のフレーズがこちら

広島では「オタフクソース」は飲み物だった...? サッカー試合中、電光掲示板に表示された衝撃のフレーズがこちら

オタフクソース...?(画像はじるぴん@CouteAu_SFさん提供)

エディオンスタジアム広島(広島市)で2020年8月9日に開催された、明治安田生命J1リーグの第9節・サンフレッチェ広島対湘南ベルマーレの試合。

その中で撮影された写真がツイッター上で話題になっている。

注目を集めたのは、選手たちの水分補給の時間「飲水タイム」に電光掲示板に表示された言葉だ。


その言葉とは、

飲水タイム【オタフクソース】

オタフクソース...?オタフクのお好みソースを飲むということか...?広島市に本社を置くオタフクソースの「お好みソース」は、広島県人が誇るソウルソースだが、試合中に直飲みはさすがにまずいのではないか。あの濃厚なソースでは、かえって喉がカラカラになってしまうだろう。

こちらの画像は、ツイッターユーザーのじるぴん(@CouteAu_SF)さんが、「飲めと?」とコメントを付けて9日に投稿。12日12時時点で1.3万件以上リツイートされ、話題になっている。

投稿に対して、他のユーザーからは、

「オタフクソース飲むのは流石にきついw」
「オタフクソースは飲み物ですW」
「どろり濃厚w」
「やっぱり、昨日の試合の広島市民のツボはココでしたね〜」

といったコメントが寄せられている。

オタフクソースがスポンサーの試合だった

Jタウンネットは8月11日、投稿者のじるぴんさんに詳しい話を聞いた。

じるぴんさんは9日の試合をスタジアムのバックスタンド席から観戦。投稿した写真は、試合が始まって前半20分ほど経った後に設けられた、飲水タイムに撮ったものだという。じるぴんさんは電光掲示板を撮影した理由について、

「たぶん意図してこのような形になったわけではないと思うのですが、意図してない感がものすごく面白いなと思って撮影しました。まさかこんなに伸びるとは思ってなかったです。ちょっとは宣伝になったかな...と思っています」

と述べる。

広島のスタジアムでこのような表示がされたら、広島県人のみなさんはさぞ喜んだのではないか。現に広島在住のじるぴんさんは写真を撮影しツイッターに投稿している。じるぴんさんに当時のスタジアムの様子を聞いてみると、

「何人かの方が画面に気づいて撮影されていました」

とのこと。実際、ツイッターではじるぴんさん以外にも、電光掲示板を撮影した人が複数見られた。

飲めと? pic.twitter.com/HYC31hxKLA
- じるぴん (@CouteAu_SF) August 9, 2020

しかし一体なぜ、飲水タイムの下に「オタフクソース」と表示されていたのだろうか。Jタウンネットは11日、サンフレッチェ広島の広報担当者に取材した。

広報担当者によれば、飲水タイムは前半・後半に1回ずつ設けられ、それぞれで「オタフクソース」と表示されたという。その理由については、

「オタフクソースがスポンサーの試合だったからです」

とのこと。

つまり「飲水タイム【オタフクソース】」の表示が見られるのはオタフクソースがスポンサーとなっている試合のみ。サンフレッチェ広島の試合だからといって、毎回見られるわけではないのだ。

サンフレッチェ広島の広報担当者は、飲水タイムの表示がツイッターで話題になっていることについて、コメント等は「特にない」としている。

その一方で、オタフクソースの公式ツイッターは飲水タイムの表示に反応。

「スタジアムでニヤッとしちゃいました(笑)給水タイムは大切ですものね!」
「オタフクソース は社名で、商品名はお好みソースなんですけどね」

などと投稿している。

関連記事(外部サイト)