お店の前にバナナが宙づり まるで現代アート?斬新すぎる外観のジュース店が話題に

お店の前にバナナが宙づり まるで現代アート?斬新すぎる外観のジュース店が話題に

画像はNEWSTAND WOW提供(編集部で一部加工)

店の軒先にぶら下がっているものといえば「のれん」が一般的だが、愛知県岡崎市にあるバナナジュース専門店「NEWSTAND WOW」では、一風変わったものがぶら下がっている。

バナナだ。


こちらは、「NEWSTAND WOW」のテイクアウト用の販売カウンター。

壁に小さな四角い穴がぽっかりと開き、その前にひと房のバナナが宙ぶらりんになっている。

同店は2020年7月7日にオープンし、そのユニークな外観で注目を集めた。

ツイッターでは

「おしゃれすぎて倒れる」
「近代美術館の展覧会で見られる美術みたいです」
「見習いたいセンス」
「斬新で面白い 秘密の取引っぽい!」

などの声が寄せられている。

バナナジュース店が、バナナを吊るす。非常にわかりやすいが、なかなか思いつきそうにないアイデアだ。

一体どんな経緯でバナナがぶら下げられることになったのだろう。Jタウンネット編集部は同店を取材した。

「馬にニンジンぶらさげるみたいに...」

取材に答えてくれたのは、同店アートマネージャーの伊尾晴香さん。

早速、なぜバナナを吊るすことになったのか聞くと、

「オープンの前日の夜中か、当日の朝、オーナーからLINEで指示があったんです。
『馬にニンジンぶら下げるみたいに、バナナぶら下げといて』って。
それで急遽吊るすことにしたら、それを見た人が『なにこれ?』って来てくれて」

と教えてくれた。実は、直前まではバナナではなくのれんを一枚吊るす予定だったという。

しかし、実際にやってみると「微妙」だったので、バナナに変更されたそうだ。

毎日オープン前にバナナを吊るし、閉店時にバナナを取り入れている。ロープの結び方も日替わりとのことだ。


吊るされたバナナは「スタッフでおいしくいただいてます」とのこと。

また、完熟したバナナしかない場合は、「フェイクバナナ」が使われることもあるという。熟したバナナはすぐにズルンと剥けてしまうので、納得だ。

また、「闇取引みたいでカッコイイ」と好評な小窓だが、こちらもオープン前に急遽作られた。

予定では販売カウンターがある場所には横長の大きな窓ガラスを入れるはずだったが、オープンに間に合わないことがわかり、コンクリートで埋めて小さな小窓を作ることに。

後に窓ガラスに変更しようとも考えていたが、多くの人から好評を得たため、スタッフの間では「このままで行く?」という話が出ているそう。


小窓の大きさは人ひとりが顔を出せるほどの大きさのようだ。

この窓からは強いバナナのにおいが漂っていて、道を挟んだ向かい側にある公園まで届くこともあるそう。

また、スタッフの体にもそのにおいが染みついており、ラーメン屋に行ったときに「バナナのにおいする」と言われたことがあるそうだ。

店内はバナナだらけ

なぜそんなにも、バナナのにおいがするのか。それは、店の中で商品に使うバナナを大量に熟成させているからだ。

こちらが、店内の様子。


大量のバナナが床いっぱいに広げられている。フィリピンから輸入した高地栽培の糖度の高いバナナで、一度に15キロ×40ケースのバナナが店内に保管されている。

これを風通しのよい状態に保ち、最適なタイミングまで熟成させているそうだ。

ジュースをつくる際には一本一本味見をしてから、使うバナナを決めているという。

そのため、バナナの熟成が間に合わない場合は店が開かない、ということもある。

大変申し訳ございません。バナナの熟成が追いつかず、現在臨時休業中です。営業再開の日程に関しましては改めてSNS等で告知させていただきます。 pic.twitter.com/Mf4xDDx0Ax
- newstandwow (@newstandwow) July 15, 2020

オープンから間もない7月中旬には、予想以上の人気で熟成が間に合わなくなり、数日の間臨時休業となっていた。

同店は10月5日現在、小窓でのテイクアウトのみでバナナジュース(全4種)を提供している。

11月以降にイートインでの提供を始める計画もあるが、今は店内が熟成中のバナナで埋め尽くされているためスペースがないそうだ。

関連記事(外部サイト)

×