博多のビル群を駆ける蒸気機関車 鬼滅「無限列車」に鉄道ファンが注目した意外な理由

博多のビル群を駆ける蒸気機関車 鬼滅「無限列車」に鉄道ファンが注目した意外な理由

素敵な1枚だ...(画像は「森さん」(@47_8176)さんから)

JR九州は2020年11月1日、臨時列車「SL鬼滅の刃」の運行を熊本―博多駅間で始めた。

大ヒット中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」とのコラボで、「無限」のヘッドマークが装着された「SL人吉」。その姿を一目見ようと、多くのファンが駅ホームでシャッターチャンスを狙った。

そんな「無限列車」が、博多の中心を走行する様子を撮影した1枚が、ツイッターで注目を集めている。


写真は、ツイッターユーザーの「森さん」さんが1日の13時3分に撮影したもの。場所はJR博多駅近くの歩道である。

列車の背景に見えるのは、ヨドバシカメラなどの企業ビル。高架線の下には車が何台も走っている。その中に、蒸気機関車である。この光景に撮影者は、

「SL 鬼滅の刃
博多に定刻で入線
火の入った86が博多を駆けるのは貴重なシーンですね」

と呟いている。なかなか、お目にかかれない姿に、ツイッターでは

「大都会の背景とSLの組合せが絶妙な一枚ですね!」
「ヨドバシの横を通るって、凄い絵ですね」
「素敵な写真ありがとうございます」

といった反応が寄せられている。

「通行人のどよめきは凄かった」

11月2日、Jタウンネットが投稿者の「森さん」さんを取材すると、撮影のきっかけをこう述べる。

「今回熊本から博多までの特別企画運転と言うことで滅多に見られない事なので撮影をしました。
あと鬼滅の刃を読んでいる友人から無限列車撮影をして欲しいと言う声も多かったので撮影にもこだわりました」

平日は会社員として働く彼。休日になると、趣味である「鉄道写真」の撮影をしているという。

撮影時のこだわりを聞いてみると、

「普段からイベント列車は駅から撮影する方が多いですがSLと言う古い車両が現代の街並みを走るという記録を今回は撮りたくてあえて街中からの撮影にしました。実はかなりギリギリまで撮影地に悩みましたが友人の助言を頂き今回の撮影ポイントを選びました。
博多の街並みから汽笛を鳴らすSLが現れた瞬間、通行人のどよめきは凄かったです」

と話した。

彼は投稿が反響を呼んだことに、

「今回街並みを走るSLの入線風景もそうですが現地に行けなかった鬼滅の刃のファンの方々からも色々な感想や感謝のリプが届きました。私自身の写真が誰かに感動や刺激を与えることが出来たのであれば光栄です」

とした。

現代人の感覚からすると、SLが走っているだけでも珍しい状況だ。JR博多駅を走行するのは、いつぶりなのだろう。

JR九州の広報担当者に過去の運行状況について聞くと、担当者が把握している範囲では、

「19年前...、でしょうか。2001年4月にJR博多駅から佐賀県の神埼(かんざき)駅間でSLは走行したことがあります」

という。

「SL鬼滅の刃」の臨時運行は、11月1日、3日、15日、21日、23日の5回のみ。座席はすでに完売しているが、走行中の姿をシャッターに収めるのも楽しみ方の一つかもしれない。

関連記事(外部サイト)