「栗林」←この地名、どう読むか分かる?

香川の難読地名に「栗林」 高松市にあるJR四国・高徳線の駅名で読み方は「りつりん」

記事まとめ

  • 日本全国にいくつもある難読地名、今回は香川県の難読地名「栗林」が紹介されています
  • 「りつりん」と読み、JR四国・高徳線の駅名で、駅付近に名勝・栗林公園があるそう
  • 由来は栗の木が生い茂っていたこと、藩主が庭園に栗の木を多く植えたことなど諸説ある

「栗林」←この地名、どう読むか分かる?

「栗林」←この地名、どう読むか分かる?

ヒント:4文字です

日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は香川県の難読地名。

「栗林」

この地名、どう読むか分かりますか?


答え

「りつりん」

高松市にあるJR四国・高徳線の駅名。駅付近に、名勝・栗林公園がある。広大な庭園は純日本式南庭と洋式の北庭に分かれている。由来は諸説あるが、かつてこのあたりに栗の木が生い茂っていたこと、当時の藩主が庭園に栗の木を多く植えたこと、などが伝えられている。

関連記事(外部サイト)