雪国あるある? 車のホイールが氷柱でマッドマックス化してしまう現象が話題に

雪国あるある? 車のホイールが氷柱でマッドマックス化してしまう現象が話題に

ウニみたい(写真はLucyさんのツイートより)

どうしてこうなった――。車のセンターキャップに付いた氷柱がとんでもない形になっていると、ツイッターで話題になっている。

さっそく投稿をご覧いただこう。

センターキャップが、、、
すげぇ、、、 pic.twitter.com/RDMvvBNf2n
- Lucy? (@Lucy__zzzz) December 5, 2020

こちらはツイッターユーザーのLucy(@Lucy_zzzz)さんによる2020年12月5日の投稿。よくある車のタイヤと思いきや、センターキャップには何やら奇妙ものが...。近くで見てみるとウニのような形の氷がびっしりと付いている。

氷柱が放射状に伸びたカッコよさとともに、中心のボコボコとしたところはどこかグロテスクでもある。複雑な形状がどのようにして出来上がったのかも気になるところ。まさに芸術作品と言えるほど、いろいろな感情を抱かせる姿だ。


このツイートには、こんな反応が。

「ダークソウルとかにでてきそうな太陽のマークみたいだ」
「世紀末救世主伝説に出てそうなホイール」
「マッドマックスに出てきそう笑」

この奇妙な氷柱が様々な世界観を連想させているようだ。中には「なるなるwww」「北海道あるある」などと、経験談を寄せる人も。

自分の心を揺さぶるような氷柱ができた時には、思わず壊すのをためらってしまうかもしれない。(ライター:Met)

関連記事(外部サイト)