「関東で積雪?甘えんな軟弱モンが」 道民からの「北から目線」を反映した日本地図に反響

「関東で積雪?甘えんな軟弱モンが」 道民からの「北から目線」を反映した日本地図に反響

おみず(@wasted_omizu)さんのツイートより

例年になく温かい日が続いた日本列島を、2020年12月中旬、強烈な寒波が襲っている。とくに日本海に面した各地では、大雪となったところが多かった。寒さはますます厳しさを増すらしい。降雪もさらに激しくなるという予想もある。充分に警戒する必要があるようだ。

そんな中、12月16日、次のようなマップ付きのツイートが投稿され、話題となっている。

数年前「雪に対する雪国民の感想」が流行りましたが、ここでついさっき道民からヒアリングしてきた改訂版を作成しましたのでお収め下さい pic.twitter.com/HW6pQVYVeB
- おみず (@wasted_omizu) December 16, 2020

マップには、

「道民に聞いた 都道府県別 北から目線 な 各地方の積雪に対する感想分布図」

というタイトルが付いている。地図は9色に塗り分けられており、「雪国仲間」、「雪かき先輩」、「多分雪国仲間」...などと分類されている。

ブルー系の色で塗られた県は、「雪国仲間」もしくは「雪かき先輩」、と北海道民から認められているようだ。とくに、濃いブルーになっている北陸3県と新潟県は、雪かきに関しては「先輩」とリスペクトを向けられている。

それ以外の県は、程度の違いは多少あったとしても、上から目線ならぬ「北から目線」で見られている。静岡県と近畿地方中・南部あたりは「暖かい所に雪 かわいそう」、四国と九州の北部と中部、山陽地方あたりは「雪なんて天変地異 かわいそう」と哀れまれている。

また、九州南部と沖縄に対しては「長袖持ってるか心配になる」(宮崎、沖縄)「おたくは火山灰で大変ね」(鹿児島)というコメントが。積雪に関して言えば、この辺りは「問題外」といったところだろうか。

そんな中、「甘えんな軟弱モンが」と辛辣な扱いを受けているのが、真っ赤に色分けされた地域。関東地方と、愛知県、岐阜県南部、そして大阪都市圏を中心とした関西の一部だ。「かわいそう」などという寛容さは微塵もない。「北から目線」をモロに受けまくっているようだ。ちなみに山梨のピンク色は、「頑張れ」の意味だとツイートで付け加えている。

このツイートには8万6000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(12月18日昼現在)。ツイッターには賛否両論、さまざまな感想が多数寄せられているが、その紹介の前に、まずは投稿者・おみず(@wasted_omizu)さんに、マップ作成の意図を聞いてみよう。

「群馬と栃木の北部は許してやれよwww」

マップ作成のきっかけと意図を尋ねたJタウンネット記者の質問に、投稿者・おみずさんは次のように答えた。

「北海道出身の友人(現在は関東在住)とインターネットの通話で『ウクライナでアイスバーンが起きたニュース映像』(編注:路面が凍結し、2台の車が道路上で激しくスピンしているもの)を見ていたことがきっかけです。
『北海道もこんな感じなんだっけ?』『そうそうめちゃくちゃ滑る時あるんだよー』
そこから元ネタの画像を見つけてきて、それに色々ツッコミを入れてるうちに、いっそのこと新しいバージョン作るかって持ちかけまして、画像の制作に至りました」

おみずさんが元ネタにしたというのが、16年にツイッターで話題になり、Jタウンネットでも取り上げた地図だ。

これを見て、北海道出身の友人に取材しながら、今回の地図を作り上げたとのこと。そのため、ツイートにあるように「改訂版」なのだそう。

ちなみに、おみずさんは九州生まれ関東育ち、現在四国在住の根っからの西日本民、「雪なんて天変地異 かわいそう」な人だという。

おみずさんが作成した地図を見たユーザーからは

「生まれも育ちも現住所も北海道の道民です 以前、1月に沖縄県に旅行に行った時、衝撃的な光景を見ました! その時の気温は15℃ マフラーを巻いている女子高生を見ました!」

といったまさに「北から目線」のコメントや

「静岡県民は雪が降るとはしゃぎます そのくらい雪降らないですw」
「兵庫県の神戸市民です 数年ぶりの2〜3pの積雪で 小さな泥んこ雪ダルマを作った日には 小学校の卒アルに載りましたw」
「徳島県民です。確かに雪降ると天変地異!...とまではゆかずとも、年に1,2回しか降りませぬな...元気になるのは犬と子供ばかり...10p雪が積もると、学校は休校です...仕事はあるのに...『軟弱者!」と叱っていただきたい...」

など、雪があまり降らない地域からのほっこりエピソード。また、

「すいません、俺茨城県北部住みなんですけど、酷いと氷点下10度、積雪1メートルくらい降り積もる山奥さんなんですが、多分雪国仲間ですよね」
「北九から唐津にかけてじみーに日本海気候でジトッ重い雪積もる時は積もりますよね。九州は南国という刷り込みを胸に転勤していった時は涙こらえて雪かきしましたもん」

といった「こっちも雪は大変なんです!」という主張も寄せられていた。

大きな話題になったことについて、おみずさんに感想を聞くと......。

「大変多くのリプライがあり『田舎者の僻みだ』『地理のレベルが低い』と、あまり快く思わないツイートも散見される中、印象的だったのは 『鹿児島の灰の辛さを理解してることに対するツイート』 『静岡の雪が降ったらみんな大喜び、のツイート』 『北海道民から先輩と呼ばれ謙遜する北陸民のツイート』 あたりでしょうか。
『群馬と栃木の北部は許してやれよwww』『岐阜も揖斐方面は降るから許してあげてw』といったツイートが多数寄せられたため、ちょっとずつ修正は続けています」

Ver0.3 アップデート内容
・広島備北が多分雪国パーティに加わりました
・奥多摩と秩父が 雪降るけどがんばってエリアになりました 
・福島県会津が雪かき先輩にレベルアップしました
もはや「道民に聞いた北から目線な感想を校正するの会」になっている pic.twitter.com/Gl4ELQjOFm
- おみず (@wasted_omizu) December 16, 2020

とのことで、様々な意見をもとに地図のアップデートは続けられているようだ。

関連記事(外部サイト)

×