「寿司詰め状態」「何も変わっていません」 緊急事態宣言1日目、都内の電車はこんなに混んでいた

新型コロナウイルスで緊急事態宣言 通勤電車の寿司詰め状態変わらずSNSでは悲鳴も

記事まとめ

  • 新型コロナ拡大が止まらず、1月8日に1都3県が緊急事態宣言下に入った
  • ツイッターでは8日の午前中に一時「通勤電車」がトレンド入りした
  • 「寿司詰め状態」「何も変わっていません」と悲鳴が相次いでいる

「寿司詰め状態」「何も変わっていません」 緊急事態宣言1日目、都内の電車はこんなに混んでいた

「寿司詰め状態」「何も変わっていません」 緊急事態宣言1日目、都内の電車はこんなに混んでいた

満員だ...(画像はニカイドウレンジ(@R_Nikaido)さん提供)

新型コロナウイルス感染拡大の勢いは止まらず、2021年1月8日、東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県が緊急事態宣言下に入った。

政府が目指しているうちの一つはテレワークによる出勤者の「7割減」。

しかし、それとは裏腹に、ツイッターでは8日の午前中に一時「通勤電車」がトレンド入り。「寿司詰め状態」「何も変わっていません」などと、都心部を中心としたユーザーから悲鳴が相次いでいる。

混雑の影響で次の電車を待つ人もいたようで...。そんな緊急事態宣言1日目の「通勤模様」は、ツイッターに複数投稿されている。

例えば、朝7時55分頃。都営大江戸線の車内はこんな様子だったという。


こちらはツイッターユーザーのニカイドウレンジさんが大江戸線のホームドア付近で撮影した写真だ。

緊急事態宣言出ても通勤電車は変わらず寿司詰め状態。 pic.twitter.com/g4iRCkPZHC
- ニカイドウレンジ (@R_Nikaido) January 7, 2021

投稿者によると、あまりの混雑によりこの電車に乗れず、次の電車を待つ人もいたという。Jタウンネットの取材に、ニカイドウレンジさんは次のように答えた。

「撮影場所は大江戸線の東中野あたりだったと思います。電車には元々乗っていて、いったん降りて撮影して、再度乗車した流れです。その際に、何人か電車に乗れずにホームに残っている感じでした」

日比谷線北千住駅も「平常運転」 中央線は「軽い圧迫」

こちらはツイッターユーザーのバウアーさんが8時25分頃、日比谷線・北千住駅(上り)のホームを撮影した写真だ。

1月7日緊急事態宣言明け、1月8日今朝の北千住日比谷線ホーム(上り)
いつも通りの並びで平常運転
https://t.co/aURwZCL2zT pic.twitter.com/yJnJ9urcsf
- バウアー (@bauer_blessing) January 8, 2021

時は、緊急事態宣言下。だが撮影者のバウアーさんは「いつも通りの並びで平常運転」と呟いている。

また8時頃、中央線(上り・東京行)に乗車していたツイッターユーザーのヤスシさんは

「緊急事態宣言後の通勤電車です。満員電車、何も変わっていません」

と呟いた。


緊急事態宣言後の通勤電車です。満員電車、何も変わっていません。
冷静に考えれば昨日緊急事態となり今日各企業で説明があるから仕方ないのかもしれないが、各企業も対応が遅すぎる。来週から変わるのか?
満員にはマスクしてない乗客もいる
国民の意識はなにも変わってないぞ pic.twitter.com/wnX5J5NvSD
- ヤスシ (@fanta_4031) January 7, 2021

ヤスシさんは乗車時に感じた混雑具合について、Jタウンネットの取材に

「軽い圧迫はあるが、完全に身動きが取れないほどではない程度です」

と説明。また当時は電車が3分程遅延していたため、その影響もあったかもしれないと推測している。

果たして明日以降、通勤電車から人は減っていくのだろうか...。

関連記事(外部サイト)