癖が強すぎ... 浜松町駅を飛び回るプロレスラー風の妖精「はままっちょ」【全国駅キャラ図鑑】

癖が強すぎ... 浜松町駅を飛び回るプロレスラー風の妖精「はままっちょ」【全国駅キャラ図鑑】

おでこに「浜」の文字(画像は編集部撮影)

皆さんが普段使う駅には、「駅のオリジナルキャラクター」はいるだろうか。

ツイッターをはじめとしたSNSでもしばしば、駅が独自に作成したオリジナルキャラクターが話題となる。

その駅ごとの特徴を表現したいたり、はたまた何の関係もない謎の設定があったりと、その独特の緩さが人々を惹きつけているようだ。

Jタウンネットでは、手作り感あふれる「駅のオリジナルキャラクター」が全国にどれくらいいるのか、調査を行っている。

浜松町+マッチョで...?

2020年12月初旬、都内の主要駅が多く含まれているJR山手線沿線の駅でオリジナルキャラクターを探しはじめた筆者。

浜松町駅を訪れたところ個性豊かなキャラクターたちに出会った。

まずはこちら。


駅構内の掲示物で発見したこのキャラクター、駅員さんに話を聞いたところ名前は「はままっちょ」というそう。

「浜松町」と早口で何回も唱えていると、だんだん「はままっちょ」のような発音になっていくが、それにマッチョを合わせたのだろうか。

見事なムキムキボディに覆面というプロレスラーのようなルックスで、その瞳はキラキラと輝いている。

そんな、なんともインパクトの強い「はままっちょ」についてツイッターで調べていると、以前駅構内に貼られていたというポスターの写真を発見。そこには、はままっちょのプロフィールが書かれていた。

それによれば、はままっちょの好きな食べ物は「TKG(卵かけご飯)」、嫌いな食べ物は「青いバナナ」。

好きなことは「筋トレ」といかにもマッチョらしい(?)が、一方で嫌いなことは「駆け込み乗車」とのことで、駅キャラらしい一面も垣間見えた。

また、はままっちょの紹介ポスターによれば

「浜松町駅の妖精で安全を守るために飛び回っています」

とのこと。おまえ......妖精だったのか......。

また過去には、実写化された「リアルはままっちょ」がイベントなどに登場したこともあるようだ。

浜松町の駅キャラクターはこれだけではない。

2020年に新キャラも登場

こちらもはままっちょと同様に駅の掲示物で発見したキャラクター。その名も「はままつぼっくり」。

またしても浜松町に由来した名前を持つ、まつぼっくりモチーフのキャラクターだ。

カラフルな体にキラキラした瞳がマッチしていてなんともメルヘンなビジュアルとなっている。なお、瞳のデザインは「はままっちょ」とほとんど同じだ。

そんな「はままつぼっくり」の好きな食べ物は、「生ビール」。意外と渋い。人(?)は見た目によらないとはこのことか...。ちなみに嫌いな食べ物は「パイナップル」、好きなことは「駅弁を食べる」ことだそうだ。

すでに癖の強いキャラクターが2体もいる浜松町駅だが、2020年には新たなメンバーが加わった。

それがこちらの「ハマビエ」だ。


写真は、駅員さんに駅のキャラクターについて話を聞いていた際にもらった「ハマビエ」のカード。

10月から11月にかけて駅で開催されていたイベントで頒布されていたものらしい。

言わずもがな、モチーフは疫病退散のご利益があるとして話題となったアマビエ。はままっちょと同様におでこに「浜」の字が書かれている。

このハマビエも、誕生したばかりのキャラクターでありながら、すでにイベントやポスターなどで大活躍している模様だ。

見た目や名前で全力で「浜松町」を主張してくる駅キャラたち。

浜松町駅を使用する際には、ぜひ探してみてほしい。

あなたが見つけた「駅のオリジナルキャラクター」、教えて!

Jタウンネットでは、各地の「駅のオリジナルキャラクター」の情報を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、キャラクターの写真と駅名を教えてください。ご投稿、お待ちしています。

関連記事(外部サイト)