「鍋にいれても違和感無さそう」 コスプレ用のウィッグを染めた結果、「ネギ」が爆誕してしまう

「鍋にいれても違和感無さそう」 コスプレ用のウィッグを染めた結果、「ネギ」が爆誕してしまう

冷蔵庫に入っててもたぶん気付かない(以下、画像はうるはさんのツイートより・編集部でトリミング)

アニメやゲームなどのキャラクターになりきるコスプレ。

ユニークな衣服や派手な髪色を再現するために、衣装やウィッグなどを自作するコスプレイヤーも多い。

そんな中、とあるコスプレイヤーが作ったウィッグが「あの野菜」にしか見えないと、ツイッターで話題になっている。

それがこちらだ。


細長くて白い、そして先端部分に向かうにつれて徐々に緑色を帯びているもの。

そう、遠目からだと完全に「ネギ」にしか見えない。

台所に置かれていようものなら、間違えて包丁で切ってしまいそうだ。

このネギさながらのウィッグの写真に対し、ツイッター上では、

「思ったよりネギでした(笑)」
「もうネギしか見えないw」
「鍋にいれても違和感無さそう」

といった声が寄せられている。

何を作ってるのか分からなくなってくる

「ウィッグ作ってんのかネギ作ってんのか分からなくなってきた今9割ネギ作ってる」

話題になっているのは、2021年2月6日にツイッターユーザーのうるはさんがこんな文章と共に投稿した写真だ。Jタウンネットは8日、投稿主のうるはさんに取材した。

中部地方在住の社会人コスプレイヤーだといううるはさん。緑色に染めたウィッグの写真は2月6日に自宅にて撮影したという。

「Dr.ストーンという漫画の石神千空(いしがみせんくう)というキャラクターの髪色に似せるためホワイトウィッグを染めていました。(撮影した理由は)ネギにしか見えないなぁと思ったことと進捗を写真で残しておくためです」(うるはさん)


ツイッターでの反響について、うるはさんは、

「みんなネギだなぁと思うんだと思いました。何気ないツイートをしただけの気持ちなので、あまりにも拡散された時は驚きと同時に怖くなりました」

とコメントしている。

関連記事(外部サイト)