アメリカ人「日本には本当に『サイレントヒル』があるのか?」 日本人「ブルーフォレストのテリブルマウンテンもあるよ!」

アメリカ人「日本には本当に『サイレントヒル』があるのか?」 日本人「ブルーフォレストのテリブルマウンテンもあるよ!」

富士山と山麓の富士宮市街地(Alpsdakeさん撮影、Wikimedia Commonsより)を基に、Jタウンネット編集部が加工した

「Silent Hill(サイレントヒル)」というゲームは、アメリカの北東部にある架空の田舎町を舞台にした、とても怖いホラーアドベンチャーゲームだ。

1999年に日本のゲームメーカーのコナミが発売したヒット作だが、続々とシリーズ化され、映画化もされるなど、アメリカでは大変な人気だという。

ゾンビのような謎の生物が次々と現れ、拳銃やショットガンでガンガン撃ちまくって進んでいくシューティングゲームのようだが、そのおどろおどろしい怖さはなんとも独特だ。

このゲームに関して、2021年2月4日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

サイレントヒルは開発中、静岡を英語にした仮タイトルだったのが本タイトル決定の際に外人スタッフが「Silent Hillより怖いタイトルなんてない」と言ってそのまま決まったというのは有名な話だけど、アメリカ人に「日本には本当にサイレントヒルという街がある(静岡)」と教えたら凄い食いついてきたw
- 山口慶明(@girlmeetsNG) February 4, 2021

投稿主の山口慶明さん(@girlmeetsNG)はアメリカ在住のビジネスマンのようだが、「アメリカ人に『日本には本当にサイレントヒルという街がある(静岡)』と教えたら凄い食いついてきた」とコメントしている。このツイートには、6万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(2月16夕現在)。

この話題に、アメリカ人が食いついてきたのは、いったいなぜか?

Jタウンネット記者は投稿主・山口さんに詳しく聞いてみることにした。

アメリカでは大人気のゲームで、映画もヒットした!

冒頭ツイートの投稿主・山口さんはオハイオ州在住だという。

「アメリカでは『サイレントヒル』は大人気のゲームで、映画もヒットしたのでコンテンツとしてスゴく強いです。静岡県はもっとアピールしていくと、インバウンドも狙えるんじゃないかと思いました(笑)」

山口さんは苦笑交じりで答えてくれた。

投稿に対して、ツイッターでは「静岡=サイレントヒル 盲点でした」などの声もあがっている。

「サイレントヒル」=「静岡」を、新鮮に感じている若い日本人ユーザーが多かったようだが、これについて山口さんに感想を聞いてみた。

「『静岡県がエイプリルフールにサイレントヒル県に改名』みたいなニュースもあったくらいなので、有名な話だと思っていたので意外でした」

2013年4月1日、静岡県は、公式サイトを「サイレントヒル県公式ホームページ」と改称し、県の名称を「サイレントヒル県」に改めることが決まったと発表したのだ。 

もちろんこれは、エイプリルフールのネタ。「サイレントヒル」シリーズをモチーフにした劇場映画『サイレントヒル:リベレーション3D』が、同年7月12日に全国公開されることを記念してのジョークだった。

しかし8年前のエイプリルフールのことなど、覚えている人はもう少なかったと見える。

強烈なインパクトをアメリカ人にもたらした「サイレント・ヒル」の名称だが、ツイッターの日本人からはこんな声が寄せられ、ひたすら盛り上がっている。

「私の出身の香川県は、フレグランスリバーになるけど、これもネタにできそうw」
「Bear Base(熊本)、Fragrance River(香川)、Virtue Island(徳島)もインパクトありそうですね」
「青森県は、ブルーフォレストなんで名前の通りっぽい」
「ブルーフォレストのテリブルマウンテンとか?」(青森・恐山)
「Bird Catch 鳥取。なんか普通にゲームタイトルとして使えるな」
「ぼくはラックヒル出身でグレートスロープ在住です」(福岡・大阪)

この際、47都道府県を英語化してみると、新たなゲームのネタになりそうな気がしないでもない。

ところで「サイレントヒル」の由来について、Jタウンネット記者は開発会社にも聞いてみた。コナミデジタルエンタテインメントの広報担当者からの返答は、「コメントできない」というもの。

当然といえば、当然だ。「サイレントヒル」は「サイレントヒル」だ。

(2月17日9時45分追記)記事初出時、ゲームの発売日に誤りがありましたので修正しました。

関連記事(外部サイト)