「豆酘」←この地名、どう読むか分かる?

「豆酘」←この地名、どう読むか分かる?

ヒント:2文字です

日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。

今回は長崎県の難読地名。

「豆酘」

この地名、どう読むか分かりますか?


答え

「つつ」

玄界灘に浮かぶ対馬島の南端にある地名。港を意味する津に、豆酘の字が当てられたという説があり、中世には「豆酘」という表記が多いが、「津々」と書かれているものもある。古来から伝わる「赤米神事」(稲の原生種といわれる赤米の穀霊を神としてまつる行事)や新年の吉凶を占う「亀ト」の祭礼など、貴重な行事が現在も行われている。

関連記事(外部サイト)