小学生「このヨーグルト、賞味期限がぞろ目だ!宝物にしよ」→約10年後「あっ...」

小学生「このヨーグルト、賞味期限がぞろ目だ!宝物にしよ」→約10年後「あっ...」

フタを突き破って見えるのは......?(写真はミスターえるさん提供。編集部でトリミング)

子供の頃、タイムカプセルに宝物を入れた経験はないだろうか。

「○年後に開ける」と決めて大事に保管したはいいものの、すっかり忘れてしまう人もいるかもしれない。

では、もしそこにヨーグルトを入れていたら......?悪夢のような、現実の話である。

実は2012年の時、小学校の時に給食で出たヨーグルトの賞味期限が12.12.12
だったので、
「この数字はもう二度と来ないんだな〜!」
と、幼かった僕はそのヨーグルトを自分の宝箱に入れ、10年後に開けて食べると決めて......
そして僕は21歳になりました......
(やべぇ......なんか突き破って生まれてる...) pic.twitter.com/DusRtG0Pza
- ミスターえる@お絵描き中 (@CopperEru) February 15, 2021

これは2021年2月16日、ツイッターユーザーのミスターえるさん(@CopperEru)が投稿したツイートだ。

なんと、2012年に小学校の給食で提供された、賞味期限が「12年12月12日」のヨーグルトを宝箱に入れて大切に保管し、21年になった今、発掘してしまったという。

「12」が並ぶ貴重な(?)ヨーグルトを大事に思う気持ちはわからなくもないが......いったい中はどうなっているのだろう......想像するだけで身震いしてしまう。

16日、Jタウンネット編集部は投稿者のミスターえるさんを取材した。

完全防備で開封

当時はおそらく小学5年生だったという、ミスターえるさん。21歳になった現在は、漫画家を目指しながらフリーターとして働いているそうだ。


問題のヨーグルトは、掃除をしていたら偶然出てきたそう。

さっそく開封したときの様子を尋ねると、無言で動画のリンクが送られてきた。自身でYouTubeに開封動画を投稿したそうだ。

記者は、恐る恐る再生ボタンを押した。手のひらで目を覆いつつ、指のすき間からそっと画面を見る。

学習机の引き出しに、12年からずっと保管されていたヨーグルト。

何重にも手袋をし、防護服(100円ショップで購入した食事用エプロン)も身に着け、完全防備(?)のミスターえるさんがフタを開けると......。


ひっ............。

泥水のような、まっ茶色に変色した液体だ。ミスターえるさんが手袋をはめた指をつっこむと、どろりとして、やや粘り気があるようにも見える。

開けた瞬間、マスクを2枚重ねていたミスターえるさんの鼻には「異臭」が届いたそう。

その臭いをあえて表現するなら、「味噌が8割、排泄物が2割」とのこと。ヨーグルトと同じく味噌も発酵食品だが、何か関係があるのかもしれない。

開けたときの感想をミスターえるさんに聞いてみると、

「臭かったですが、実家のおばあちゃんの夜ご飯を思い出させる味噌の匂いがほのかにしました」

と、コメントした。今回の衝撃的な投稿に、ツイッターでは

「ヨーグルトに生命を与えたッ!!」
「開ける時はマスクを絶対にしたほうがいいですよ昔自由研究でカビの実験をしたときマスクをするのを忘れて家族全員風邪になったのでw」
「腐海の胞子が飛ぶかもしれないので、開封は外か屋内でも換気できる場所で。また、吸い込まないようにビニール等で、仕切りの簡易カーテンを間に。マスクを必ず着用してね!(仕事で菌を培養してたお姉さんからのお願いだ!)」

など、非常に多くの反応が集まっている。

これについても感想を聞くと、

「こんな1人の少年の話がみんな気になるなんて、平和で良いですね!  より多くの人に楽しんで欲しいと思いました」

と、答えてくれた。

それにしても、これ以上に恐ろしいタイムカプセルはきっと存在しないだろう......。

良い子は絶対に、真似しないでね。

関連記事(外部サイト)