ついに手に入れた、自分だけの城... あなたの「初めての一人暮らし」体験談、聞かせてください

ついに手に入れた、自分だけの城... あなたの「初めての一人暮らし」体験談、聞かせてください

(画像はイメージ)

街中で引っ越しトラックを見かける機会が、少しずつ増えてきた。

例年、2月頃から3月、4月にかけては、入学・就職・転職などで引っ越す人が多い。コロナ禍の今も、それはかわらないようだ。

この機に、実家を出て一人暮らしを始める人もいるだろう。


記者も大学卒業後、就職を機に都内で一人暮らしを始めた。わからないことだらけの中、非常に参考になったのが、SNSで流れてくる先人たちの「初の一人暮らし体験談」である。

例えばツイッターでは、一足先に実家を出た先輩たちがこんなエピソードを投稿している。

「冷蔵庫は自分が思うより大きいサイズを買ったほうが良き...冷凍庫パンパンで全然入らななるよ」
「QOLが上がると思ったものには積極投資したほうがいい」
「セールスはハッキリと断るんごよ」

など、実用的な話はもちろん、

「一人暮らしのアパートで複数の友達と飲んでた時、1人の子が『私もついてく!』って冬の空の真夜中にコンビニまで2人で歩いた」
「大阪に来たてで一人暮らし。この映画を彼女と見た夜、一人になりたくなくて泊まって欲しいとお願いした」

など、甘ずっぱい思い出まで。「初めての一人暮らし」には、その人だけのドラマがあるのだ。

こういったエピソードを見て、一人暮らしに憧れる実家住み勢も多いかもしれない。

あなたの「一人暮らし」はどうだった?

そこでJタウンネットでは、読者の皆さんの「初めての一人暮らしにまつわる思い出」を募集したい。

皆さんのはじめての一人暮らしはどうだっただろうか?

知らなくて苦労したこと、住み始めてから困ったこと、はたまた、自分だけの空間を手に入れて嬉しかったこと......なんでも教えてほしい。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、1人暮らしを始めた時期・場所、具体的なエピソード(500文字程度〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

関連記事(外部サイト)