乗るしかない、この渋沢栄一ブームに...! 誕生の地・深谷市の「新お土産」が可愛すぎると話題

乗るしかない、この渋沢栄一ブームに...! 誕生の地・深谷市の「新お土産」が可愛すぎると話題

(写真は ENEMYS Souさん提供。編集部でトリミング)

コロナ禍のあおりを受けながらも、満を持して放送がスタートした新・大河ドラマ「青天を衝け」。

主人公・渋沢栄一の出身地、埼玉県深谷市では、このドラマを好機と見て、観光客を呼び込むためにさまざまな工夫をこらしているようだ。

そんな中、なんともユニークな土産ものが注目を集めている。

親父が地元でもの作って売ってるんだけどこの不況で売れないからって捻り出した答えがこのスティックシュガー。親父・・・#渋沢栄一 #青天を衝け #スティックシュガー pic.twitter.com/TmI70Hl8f0
- ENEMYS Sou (@enemys_sou) February 13, 2021

こちらは、2021年2月13日、ツイッターユーザーのENEMYS Souさん(@enemys_sou)が投稿したもの。

ネギにしか見えない、スティックシュガーだ。入れ物もまさに「ネギ」が入っていそうな段ボールで、「渋沢栄一誕生の地」などの文言が、段ボールによくなじむフォントと色合いで印刷されている。

写真と共に、

「親父が地元でもの作って売ってるんだけどこの不況で売れないからって捻り出した答えがこのスティックシュガー。親父...」

という文章が。さらに、「#渋沢栄一」「#青天を衝け」というハッシュタグまで。

これはいったい......?

ENEMYS Souさんに聞いてみると、「親父」――お父さんが深谷市で経営する「はやし物産」と地元・深谷市の旅館「きん藤〜中山道深谷旅〜」が共同で開発した商品だそう。

その名も、「深谷ねぎみたいなスティックシュガー」。Jタウンネット編集部は、その誕生秘話に迫った。

「端っこを緑に塗っちゃえばネギだ!」

22日、取材に対応してくれた「きん藤」の広報担当者によると、このスティックシュガーは、やはり大河ドラマ「青天を衝け」をきっかけに作ったものだと言う。

「きん藤」の広報担当者によると、深谷市に埼玉県初の「大河ドラマ館」ができるという話をきっかけに、深谷市ならではのお土産について構想を始めたそうだ。

しかし、それまで深谷市は観光地としてそれほど有名ではなく、ご当地の土産ものもほとんどなかった。

そこで1年前、土産ものを新しく発売するための講習会が開かれたのだという。

それに参加した広報担当者は、「1から新しいグッズを作るのではなく、既存のものを深谷らしい何かに化けさせることはできないか」という着想を得た。

「それで、(もともと「はやし物産」で製造していた)スティックシュガーは端っこの上のほうを緑色に塗っちゃえばネギだ!と思いついたんです」(担当者)

こうして誕生した「深谷ねぎみたいなスティックシュガー」は、3グラムの細いスティックシュガーが20本、深谷ねぎの段ボール箱を模した小さなケースに入っている。2月1日から発売され、当初は、前述の「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館」やきん藤など、ごく一部の施設でのみ販売されていた。

しかし、予想よりも売上が急激に伸びたため、24日現在、はやし物産によるオンライン販売もスタートしている。

「販売前のイメージとしては、観光に来たお客様が、お菓子とか他のお土産のついでに、おまけみたいな感じでこれ(スティックシュガー)を買ってくれたら......ぐらいに思っていたんです。
 そうしたら(実際は)、1人で3〜5個ぐらいまとめて買って行かれる方もいて、ありがたい限りです」

とのこと。

さらに、もともとは市外から訪れた人たち向けに作ったものの、実際は深谷市内の人もよく購入していくことに驚いたそうだ。

このスティックシュガーを取り上げたENEMYS Souさんのツイートは

「めっちゃいいじゃないですか!かわいい!なんか欲しい!」
「是非東京進出を!!!」
「売れますよこれー!!!!」
「最高の作品じゃないですか」

などと大きな話題になっている。そのことを伝えると、広報担当者は

「SNSとかはなんとなく怖くておっかなびっくりやっているものですから、50歳の私のアイデアが若い人たちにも受け入れられるんだなあと思うと、とっても嬉しいです」

と、声を弾ませた。

関連記事(外部サイト)