皮膚が乾燥すると必要以上に皮脂が分泌される

皮膚が乾燥すると必要以上に皮脂が分泌される

(提供:週刊実話)

若さのシンボルといわれるニキビだが、それでうれしがる人など皆無であろう。思春期には悩みの種である。ニキビができやすい人は、入念な洗顔を行うなど予防策を講じるが、これには注意が必要だ。

 顔から油分が取り除かれると、体が皮膚の乾燥を防ごうと、必要以上に皮脂を分泌するようになる。その結果、肌がオイリーになり、ニキビができやすい環境になってしまうのだ。

 ニキビが気になる人は蒸しタオルを顔に2〜3分乗せ、毛穴が開いたところできめ細やかに泡立てた洗顔料で優しく顔を洗い、その後、泡をしっかり洗い落とすことを心掛けよう。何度も洗うより、一度でしっかりやることが大切だ。

関連記事(外部サイト)