水分不足で心臓病の一つである心房細動リスク 高齢化が進む日本では特に注意

記事まとめ

  • 心臓病の一つである心房細動について心臓血管外科の担当医らが説明している
  • 気温が高い日の心臓には負担が大きく増大するので、水分補給が大切だという
  • 心拍数が上がると、とりわけ高齢者は心房細動を誘発しやすくなるという

秋口でも暑さに要注意! 水分不足が招く心房細動の危機(1)

 秋とは名ばかり。まだまだ30度を超える日が続き、汗をかいて水分が不足しがちだ。
 「ダラダラ続く暑さで、弱っている心臓ほど体内の水分が不足すると血液を送り出す力が低下する。血液の粘度が上がり、流れにくくなるため、心臓(ポンプ)はそれだけ大きな力が必要になり負担が増えるのです。暑い日のゴルフ場で倒れて救急車で搬送される…などという話をよく聞くでしょう。プロのサッカー選手でさえ、練習中に倒れ、そのまま急性心筋梗塞で亡くなるケースもある。それほど、気温が高い日の心臓には負担が大きく増大するのです。心臓にとっても、水分補給は大切なことです」

 高齢化が進む日本で特に注意が必要なのは、心臓病の一つである心房細動だ。
 暑さによる脱水で心臓の働きが弱っているところに、気温が高くなり、体内の熱を放散するために効率的に血液を循環させようと心拍数が上がる。その時、とりわけ高齢者は心房細動を誘発しやすくなるという。
 「心房細動は不整脈のひとつで、心臓が細かく不規則に収縮を繰り返し、血流が悪くなるため血栓ができやすくなる。血栓が移動して脳の血管で詰まると脳梗塞を引き起こします。脱水状態で血液がドロドロになっていると血管はさらに詰まりやすくなるので、夏場はリスクが高くなります」(専門医)

 心房細動で直ちに死に至ることはないが、放置していると心不全や脳梗塞などの病気になりやすい。
 東京都多摩総合医療センター、心臓血管外科の担当医は言う。
 「心房細動は、60歳代から加齢にともなって発症頻度が高まり、国内患者は140万人以上と推定されています。心房細動がある人は、ない人に比べ、心不全が3倍、脳梗塞は5倍、発症リスクが高まると言われている。心拍が早く不規則に乱れるため、動悸や胸の不快感などの症状が出て、心臓のポンプ機能も20%低下。心臓の働きが悪い人では、息切れやむくみが現れることがあります。ただし、心房細動があっても半数の人は、これらの症状を自覚しません。このあたりが厄介なところでもあるのです」

 心房細動は「なんとなく身体が重い」か「疲れやすい」といった症状であることが多く、普段から脈拍を測るなどしないと、なかなか分からない。夏場などにそうした偏重感じていながら、放置して普段通りの生活をしているうちに、「あれ? なんかロレツが回らないぞ」とか「体の右側がマヒしてきた…」といった事態に見舞われ、結果、心房細動からくる脳梗塞だったというケースもあるのだ。
 「そうした場合、症状のある人は受診のきっかけになるのでまだいい。心房細動が起きると血液がよどみやすくなり、心房内に血栓が出来やすくなります。その血栓が脳へ飛んで動脈を詰まらせると、突然、脳梗塞を引き起こす危険性があるのです。ですから、年1、2回は心電図検査を受けることが大切。心房細動が起きているときでないと、心電図に異常さは示されないが、発作性から持続性に移行すると発見される確率は高いといわれます」(医療ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)