死ぬまで現役 下半身のツボ 打ち明けることから始めるED解消

 「打ち明ける勇気を持てれば、EDは案外、簡単に治ることもあるんです」
 こう語るのは『脳で感じるセックス入門』などの著作がある、ドクター林氏だ。

 何を打ち明けるのか――ズバリ、自分がEDであるということだ。
 「実は男性の多くが、恋人や妻にEDの悩みを打ち明けていないのです。例えば、頻繁に中折れが起これば、すでにED。ところが、『最近、調子が悪いだけ。決してEDではない』と思い込み、なかなか本気で治療をしないんですね」

 むろん、パートナーの女性に対しても自分の勃起不全を認めようとしない。何もなかったかのような顔をして、その場をやり過ごし、曖昧にしているという。
 「当然、女性のほうも『アナタ、EDなんじゃないの?』なんて、めったに言えない。男性を傷つけるから、と遠慮するんです」

 結局、男女とも解決策を見出す話し合いも出来ぬまま、スッキリとしない性行為が続く。
 「セックスレスの始まりでもあります。男性のほうは密かに自分に自信が持てず、セックスが億劫になり、女性も毎回、最後まで楽しめないことに嫌気がさしてくる」

 そんな負の連鎖を避けるためには、やはり男性から“打ち明ける勇気”が必要だという。
 「本来、恥ずかしがることではないのです。加齢とともにペニスは柔らかくなり、中折れの回数も増えてくるもの。自然な現象なのです。しかし、男性はプライドが邪魔して言い出せない。思い切って妻や彼女に『最近、俺はEDなんだよね。薬を飲もうと思うんだけど』というように打ち明ければ、ずっと楽になるのですが」

 正直に自分の悩みを告白することで、実はEDが治ることもあるという。
 「EDは心因性が8割。もともと男性器の機能が低下し始めて、中折れが頻繁に起こるようになる。すると、それを気にして、ますます勃起不全となる。逆に言えば、気にしなければ性行為中もリラックスが出来て、勃起しやすいのです」

 EDかもしれない…、パートナーにこう一言話すだけで、悩みは悩みでなくなるのも事実。
 「悩みというのはすべてソレ。自分の中で抱え込むから悩むワケで、信頼できる誰かに打ち明けられるようになれば次第に悩みの種は薄れていくんです。“打ち明ける”行為は、いい意味で開き直るということ。開き直った時点で、大抵の悩みは解決しています」

 EDに限らず、仕事の悩み、恋愛の悩みも誰かに話す時はすでに解決している、というのは心理学の一つ。
 「女性のほとんどが、EDとなったパートナーにED治療薬を飲んでもらいたい、と思っているのです。男性は心のどこかで『薬に頼るなんて』と考えがちですが、女性は違う。むしろ、勃起するために薬を飲んでくれる男性に対して、『私のために』と好意的に受け取っているんです」

 ED解消のため運動を始めたり、食事を改善したりする男性に対しても、女性は同じように好意を持つ。
 「そうやって常に『男であろう』とする姿勢を、女性は素敵だと感じるんです。だから、何も恥ずかしがることはない。悩みは打ち明けるべきなのです」

 自分の悩みを開放しよう。

ドクター林
弘邦医院(東京・江戸川区)院長。『脳で感じるセックス入門』や『お医者さまが教える癒されてもっと気持ちよくなる!』など著書も多数。ED治療にも精通しており、現在、同医院では局部海綿体注入法による「ICI治療」も行っている。

関連記事(外部サイト)