暑い夏の日は尿酸値上昇で、痛風・心筋梗塞などのリスク高まる しっかり水分補給を

記事まとめ

  • 暑い夏の日は、発汗などで体内が脱水気味になり、血中濃度が上がり尿酸値も高くなる
  • 血中濃度が7mg/dlを超えると結晶になり関節などにたまって激痛を引き起こすのが痛風だ
  • 痛風患者は脱水すると再発しやすいため、水分補給をしっかりしなければならないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております