腎臓の機能低下の可能性も… 重大病が潜む足の“むくみ”のサイン(1)

 「会社に履いてきた靴が、夕方帰る時に驚くほどきつくなっていた。腕時計も日によってきつい時があり、バンドの穴をずらしてはめることが時々ある…」
 そんな一般的に言う「むくみ」の現象を、これまで体験された人は多いだろう。しかし、その裏にはストレスが関係していたり、高血圧性による腎機能の低下、心臓病、肝臓病などが原因している場合もあるのだ。

 「この現象を繰り返し体験している人は、“たかがむくみ”では済まされない危険な病気が潜んでいることもある」
 と、専門家も警鐘を鳴らす。
 そもそもむくみは、どうして起こるのか。

 人体は、大部分が水分(体液)で覆われている。体を形成している細胞や血管の中など、組織の隙間には体液があり、普段は一定のバランスを保っている。しかし、それが何らかの原因で崩れ、体液が余分に溜まった状態になることがある。それは手足だけではなく、顔や内臓など、あらゆる部分で引き起こす可能性があるという。
 東京労災病院内科担当医は、メカニズムをこう解説する。
 「むくみは総じて、重力の影響で足首やスネといった体の下の部分に出やすい。それも、筋肉の比較的少ない場所にです。体の中では、常に毛細血管の中から外へ体液が漏れ出ていて、この体液によって組織に栄養分が運ばれているわけです。しかし、何らかの病気で漏れ出る体液が多くなり、それを再吸収しようとするリンパ管や毛細血管の働きが弱まると、今度は細胞や組織の間に体液が溢れる。目で見ても、触っても分かるくらいのむくみになってしまうのです」

 我々の体には、血液を循環させるための血管(動脈と静脈)が網の目のように張り巡らされている。体液の“外水道”とも言えるリンパ管も同様だ。これらの管を通り、体の隅々まで血液が循環し、栄養が送られている。
 「血液の役割には、他にも酸素を送り二酸化炭素を回収するという作業や、栄養分を運ぶ一方で不要物を回収、免疫を担当する白血球を運搬して細菌やウイルスを撃退する働きも担っている。そんな血液を心臓に戻す役目をするのが、静脈とリンパ管なのです。足などにむくみが出るのは、この両者のどちらかの働きが衰えているとも言えるのです」(医療関係者)

 ひどいむくみを起こすとどうなるのか。苦しんだ人の例を紹介しよう。

関連記事(外部サイト)