〈目からウロコの健康術〉 ジンジン、ビリビリ…実は重症のサイン!? 「体のしびれ」の放置は厳禁!!

一時的に体の一部がしびれてしまうことは、誰にでもあること。一時的に神経が刺激されたり、血流が悪くなってしまうことで、しびれの症状が出てくる。しかし、そのしびれがずっと続く、あるいは、全身に広がっていくということがあると、これは大きな疾患などが関わっている可能性があり、十分な注意が必要となる。

 全身がしびれてしまう時の大きな原因としては、脳や脊髄に関する疾患、症状があって脳の機能が正常に機能しない、あるいは大きなダメージがあることがある。

 また、しびれだけでなく機能不全に陥ったりと、かなり重篤な症状になってしまうこともあるので、非常に注意が必要なのだ。

 このような状態になってしまったときは、救急車を迅速に手配し、少しでも早く専門医に診てもらう事をお勧めする。

 東京・府中市の小林義彦さん(60歳=仮名)は、ひざの内視鏡手術を受けた後、杖をついて歩いていた。無理な姿勢が続いたせいか、首や肩の凝りや痛みが出て、右手の先がしびれだし、やがて左手もしびれるようになった。

 いつもジンジンして力が入らず、大好きだったコーヒーのカップを持つことも出来なくなった。2年前のことだ。

 近くの整形外科にいくと「頚椎症」と診断された。加齢により、首の骨や、骨と骨の間でクッションの役割をする「椎間板」が変形して、神経が圧迫されて起きる症状。背中を走る脊髄から分かれて腕へと繋がる「神経根」の部分が圧迫され、肩の痛みだけでなく、手や指先にしびれが出ていると考えられた。

 しびれの正体は神経の働きの異常だ。手足の感覚を脳に伝える神経のどこかに異常があると、感覚が麻痺したり、何も触れていないのにジンジンしたりする。

 昭和大学横浜北部病院整形外科・前田雄介医師はこう語る。
「しびれの感覚や表現はさまざまで、客観的な評価が難しい。しびれを伴う病気は、糖尿病の合併症や中枢神経(脳、脊髄、視神経)が侵される多発性硬化症、主に筋肉を動かす運動神経が損傷され、四肢に力が入らなくなるギラン・バレー症候群などがあります。しびれている場所やその近くに原因があるとは限らない。治療している時に、糖尿病など隠れている病気が見つかることがあります。神経内科や整形外科への早めの受診を勧めたい。なかでも、左右どちらかの手や口の回りに急に強いしびれを感じる場合、脳の視床と呼ばれる部分の脳卒中が原因として疑われ、急を要します。頚椎症と診断された小林さんの場合は、過敏になった神経を鎮める薬を処方され、しびれは治まったはず。完全に治ったとは言えませんが、日常生活に不自由はなくなったといいます。今は、部屋に閉じこもらず外出を心がけ、前向きな気持ちを保つようにしているようです」

 頚椎症のように神経の圧迫で起きるしびれは、高齢者にしばしば見られる。神経の異常がある部位によって、しびれを感じる場所も変わってくる。

 都内で整形を含む「総合クリニック」を営む遠藤茂樹院長は、こう説明する。
「手の指先のしびれる病気として『手根管症候群』というものがあります。どんな症状かといえば、手首付近で、靭帯と骨で挟まれた神経の通り道(手根管)が圧迫され、親指から薬指のしびれがでます。手の仕事が多い人がなりやすいといわれ、ひじの内側の神経が骨などで圧迫される『肘部管症侯群』でも、薬指や小指にしびれが出ます。また、頚椎症で脊髄が圧迫される『頚椎症制脊髄症』の場合、手や腕だけでなく、下半身にもしびれや痛みが出ることがある。これで日常生活に困る場合には、手術ということを検討せざるをえなくなります」

 他に頚椎症の場合、手術をしないときは、症状を和らげる薬や首を固定する装具を使い、首を安静にさせる方策をたてる。装具を使う時は、転ばないように注意し、さらに痛みやしびれが出ないように注意する。痛みやしびれが酷くなる姿勢は避け、首に負担がかからない枕の高さを調節したりして、患者へかかる負担を考慮しているという。

糖尿病が見つかる場合も
 一方で、腰痛や肩こりには筋肉の緊張を取り、血液の循環をよくする運動が効果的だが、神経を圧迫によるしびれに対しては運動は勧められない。

「ただ症状が和らぐと感じるなら、軽く首や肩を回す程度の運動はいいことです」
 と言うのは、東京社会医学研究センター・村上理事。

 村上氏は腰椎としびれや痛みについて、次のように説明する。
「お尻から足の後ろ側にしびれを感じる場合には『腰部脊柱管狭窄症』が疑われます。しびれは左右どちらかの場合や両足の場合もある。加齢による腰椎の変形やずれによって、神経の通り道(脊柱管)が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫されて起きます。長時間歩いたり、立ち仕事を続けていたりすると、しびれや痛みが出やすくなる。また、腰部脊柱管狭窄症は、背筋をそらすと痛みが増すため、どうしても前屈みになりがちです。腰が痛くて動くのが億劫になると、さらに症状が進行するので、腰をそらす姿勢を避けながら、軽い運動をしたほうがいいと思います」

 治療では、症状を和らげるため、過剰な神経活動を抑える薬や炎症を抑える薬などが使われる。神経の圧迫が強く、日常生活に影響が大きい場合、骨を削ったり、金具で固定したりする手術を検討することになるという。

 さらに、手袋や靴下で覆われる手足の先端部分にしびれや痛み、冷えがある場合、糖尿病で起きる神経障害が原因の場合もある。初期の糖尿病は自覚症状がなく、手足のしびれをきっかけに糖尿病が見つかる場合もあるといわれる。抹消神経細胞内に糖がたくさん取り込まれ、神経細胞の働きに異常が起きると考えられているからだ。

 足のしびれを放って置くと、悪化して激痛や麻痺を起こし、足の壊疽の原因につながる恐れがある。

 専門家によると、悪化した神経障害を治療するのは難しいそうだ。結局は食事や運動、薬で血糖コントロールをしっかりとし、悪化しないようにすることだ。

 しびれに悩む高齢者は少なくない。たかがしびれと甘く見ずに早期発見、治療、予防が重要である。

関連記事(外部サイト)