死ぬまで現役 下半身のツボ 寝不足解消で勃起力も解消

 ここへ来て、慢性的な寝不足がEDのリスクを高めることが分かり始めている。米国の研究によると、1週間の睡眠時間を1日7時間から5時間に減らしただけで、EDになるリスクが、なんと10〜15%も上昇したというデータがあるという。
 『脳で感じるセックス入門』の著作などがある弘邦医院・院長のドクター林氏は言う。
 「それもそのはずです。性欲を高める男性ホルモンは、睡眠中に分泌される。特に男性ホルモンに関しては、深夜から明け方に分泌されるという特徴があり、“朝勃ち”が起こるのもその影響なんです。ちなみに、その分泌の時間は午後10時から午前2時までと言われているので、当然、夜更かしをしているとEDになりやすくなるんです」

 寝不足は体調不良や思考を鈍らせるだけでなく、男性器そのものにも悪影響を与えてしまうのだ。
 言い換えれば、睡眠をしっかりとれば、最近、勃起力が悪いと思っていたムスコも元気になるかも?
 「時間だけではなく、睡眠の質も大事です。やはり、しっかりと熟睡できる環境を作ることで、男性ホルモンの分泌もよくなるんです」

 その方法は様々あるが、林氏がオススメするのは、「目覚まし時計で起きる方法」だという。
 そんなことは当たり前だと思うなかれ。
 「シニアになるほど眠りが浅く、目が覚めるのも早くなります。その結果、どんなに早く寝ても寝不足が解消できないなどということもある。窓から差し込む朝日で目が覚めることも、実はいいように思えて睡眠不足を誘発している可能性があるのです」

 つまり“目覚まし時計で起きる”とは、自分が決めた時間までしっかりと寝るということ。
 「そのためにはまず、寝室に灯りが入らないようにすること。日中問わず、完全な暗闇を作るようにするのです。遮光カーテンをきっちりと閉めておくこと。また、余計な光を入れないことです」

 加えて、できることなら外部の音もシャットアウトしたい。
 「人の騒ぐ声やテレビの音は、睡眠中に不快感を与え、熟睡を妨げます。ただし、クラシックなどのゆったりとした音楽は、むしろ集中した眠りに誘ってくれます。寝る前に好きなクラシック音楽などをかけておくと、熟睡しやすいでしょう」

 加えて、睡眠中に男性ホルモンを盛んに分泌させるには、就寝前のオナニーやセックスが効果的だという。
 「スケベなことを考えたり、実際にセックスをしたりすることで、男性の脳は“オス”としての本能が目覚めます。その結果、自然と男性ホルモンの分泌もよくなるんです。セックスする相手がいなければ、妄想オナニーがオススメ。AVなどを見てしまうと目が疲れて、熟睡しにくいですからね」

 さらにオナニーをする場合、あえて射精しないというトレーニング法もある。
 「ペニスをしごいて、ある程度気持ちよくなったところで寝てしまうんです。すると、就寝中もエロス脳が活性化されて、男性ホルモンをドクドク出す。朝勃ちも起こりやすくなりますよ」

 睡眠の仕方一つで、EDになるリスクを減少させるどころか、死ぬまで現役でいられるのだ。

ドクター林
弘邦医院(東京・江戸川区)院長。『脳で感じるセックス入門』や『お医者さまが教える癒されてもっと気持ちよくなる!』など著書も多数。ED治療にも精通しており、現在、同医院では局部海綿体注入法による「ICI治療」も行っている。

関連記事(外部サイト)