同じ職場の50代女性が彼氏に猛アプローチ!連絡先を社内データから抜き出した…法的にどうなる?

同じ職場の50代女性が彼氏に猛アプローチ!連絡先を社内データから抜き出した…法的にどうなる?

シェアしたくなる法律相談所

ある恋愛相談掲示板に、社内恋愛中の20代の女性が、相手の30代男性に対してしつこくアプローチをかけてくる50代の女性を何とかしたい旨を投稿したようです。

男性もこの50代女性からのアプローチを嫌がっており絶対に相手にしたくないとのことで、早く50代女性が諦めてくれれば解決するのでしょうが…。

それはともかく、その50代の女性は、相手の男性へのアプローチのために社内のデータから男性の携帯電話の番号を入手したようです。

この点について法的に問題はないか、また、相談者の女性は50代の女性に対して法的に請求ができるのかという2つを述べていきたいと思います。

*画像はイメージです:http://www.shutterstock.com/

■50代の女性は懲戒処分の対象となる可能性が高い

会社や男性の同意なく、社内データ中の電話番号を入手したことは、業務中に知り得た情報の目的外利用ですから、服務規程違反に当たり、懲戒処分事由となります。

懲戒処分が出されるとしても「けん責」程度ですむでしょうが、会社から注意を受けることによって男性へのアプローチが止む可能性がありますし、注意を受けてもアプローチを継続するようであれば、態様によっては社内秩序違反としてまた懲戒処分事由となり得ます。

50代の女性が職場からいなくなるわけではありませんが、その後の関係を気にしないのであったり、男性の協力も得られたりするのであれば上司に経緯を伝えるといいでしょうね。

■相談者の女性から法的に請求することの可否について

結論からいえば、アプローチの内容や相談者の女性に対する嫌がらせの内容次第ではあるものの、50代の女性に対する損害賠償慰請求は、認められないか、または、認められても10万円程度の少額にとどまるでしょう。

掲示板には、社内恋愛を不倫と勘違いした50代の女性が、相談者の女性は不倫していると社内でうわさしたり、「不倫していることを会社と彼氏に言うぞ」と相談者の女性に言ってきたりしたこと等が書かれていましたので、名誉毀損には当たるでしょう。

なお、刑事事件としてであれば、度重なる電話やメール、LINE等はストーカー規制法上の「つきまとい等」に当たり得ます。もっとも、男性の拒否の態様や着信回数、会話内容等によっては、警察も動いてくれないことが予想されます。

相談者の女性の相談内容に対する解決策は、?男性から50代の女性に対してきっぱりと拒否してもらうこと、?懲戒処分の対象となり得ることをにおわせ、男性から拒否された後の男性ないし相談者の女性への嫌がらせを避けることがいいかと思います。

今回の件のような社内のトラブルについては、相談にのってもらえたり、対処したりしてもらえるよう、日頃の社内の人間関係は大事にしておきたいですね。

*著者:弁護士 木川雅博 (星野法律事務所。通信会社法務・安全衛生部門勤務を経て、星野法律事務所に所属。破産・再生・債務整理を得意とする。趣味は料理、ランニング。)

【画像】イメージです

*KPG_Payless / Shutterstock

【関連記事】

*アイドルグループ解散のきっかけとなった不倫騒動。原因の「小倉優子の夫」を事務所は訴えられる?

*同僚の社内不倫を会社に報告したら実は違法!?でも違法じゃない場合もあるって本当?

*5歳の子供を連れて別居検討中の妻が、夫とスムーズに離婚するための2つのポイント

*夫がダブル不倫の末に相手を妊娠、あげく家を飛び出し離婚を迫ってきた…妻が取るべき行動とは?

*【離婚後の問題】お金持ちと再婚した元妻に、養育費を支払い続ける義務はあるのか

関連記事(外部サイト)