深刻化するブラックバイト問題。非正規雇用者がパワハラにあったとき、誰に助けを求めるべき?

深刻化するブラックバイト問題。非正規雇用者がパワハラにあったとき、誰に助けを求めるべき?

シェアしたくなる法律相談所

最近は、学生が低賃金で過酷な労働や責任を強いられるブラックバイトの問題も頻繁にニュースで報道されるようになってきました。社員並みの業務を強いられることで、学校の試験を受けられずに単位を落としてしまうといった事例も数多く報告されています。中には卒業できずに学校を辞める、といったケースも見受けられます。

厚生労働省が2015年11月に発表した「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査結果」によると、調査対象となった学生のうち、経験したアルバイト数のうち48.2%(人数ベースでは60.5%)で、労働条件等における何らかのトラブルがあったと回答したことが報告されています。また、主婦や高齢者などのパートタイマーにもパワハラの被害報告が増えつつあります。

そこで、アルバイトやパートタイマーがパワハラ被害にあった場合、誰に助けをもとめるべきなのか、労働トラブルに詳しい和田金法律事務所の渡邊寛弁護士に伺いました。

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

■一人で問題を抱え込まない

アルバイトやパートタイマーなどの非正規雇用者の場合、パワハラやセクハラの被害にあったら、すぐにその会社を辞めてしまうのも一つの選択肢です。特に、学生バイトの場合は、学業が本業ですので、ブラック企業のパワハラ体質を改善させることに時間や労力を注ぐよりも、自分の労働条件・労働環境がブラックかどうか的確に判断して行動できるかどうかの方が重要です。

しかし、様々な事情から、仕事を続けなければいけない、辞めさせてもらえないといったケースもあるでしょう。そうした状態になっても、泣き寝入りする必要はありません。

「非正規雇用であっても、有給休暇や時間外労働・深夜労働等の割増賃金が発生します。経営者としては、労働基準法等の労働者保護は非正規雇用にも及ぶことを認識する必要があります。

また、非正規雇用であっても不合理な差別は許されません。最近も、定年後再雇用されたトラック運転手が、業務内容が全く変わらないのに賃金を減額された事例について、これを違法とする判決がありました。もちろん、アルバイトやパートタイマーなどの非正規雇用者であっても、パワハラやセクハラは許されません。」(渡邊弁護士)

■一番のハラスメント対策は誰かに相談すること

それでは実際に被害にあった場合は、どのように対処すべきなのでしょうか。

「特に若年であったり就労の経験が少なかったりすると、ハラスメントを受けたり、賃金の不払い、高額な罰金、シフトの強要や退職の拒否など、非常識な労働条件・労働環境でも、強要されたり丸め込まれたりしてしまうことがあります。逆に、法的な面だけに固執し、現実的な解決が困難なところまで考えすぎてしまうこともあります。

一人で抱え込まずに、誰かに(専門家に相談しにくければ家族や同僚でも)相談した方がバランスの取れた判断ができやすいように思います。」(渡邊弁護士)

パワハラ被害に限らず、ハラスメントに関する相談窓口を設ける企業や団体は増えています。また、少子高齢化で若い労働力というのは貴重になっていますから、パワハラやブラックバイト問題が報道された企業は、計り知れないイメージダウンを負うことになります。こうした先例から、従業員に対するコンプライアンスの強化を図る企業も増えてきており、社会全体の意識も変わってきています。

パワハラ被害にあった場合、アルバイトやパートタイマーであっても弁護士をはじめとした法律の専門家に相談することが、解決の糸口につながるでしょう。

*取材協力弁護士: 渡邊寛 (和田金法律事務所代表。2004年弁護士登録。東京築地を拠点に、M&A等の企業法務のほか、個人一般民事事件、刑事事件も扱う。)

*取材・文:塚本建未(トレーニング・フットネス関連の専門誌や、様々なジャンルのWebメディアを中心に活動するフリーランスライター。編集やイラストも手がける。塚本建未Website 「Jocks and Nerds」)

【画像】イメージです

*siro46 / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

*上司の「パワハラ」で出社がツラい…やめさせるためにおぼえておきたい2つの方法

*「働き方改革」でどう変わる?「残業トラブル」でチェックしておきたい事例を弁護士が回答

*勤務時間は本当に短くなる?「プレミアムフライデー構想」のメリット・デメリット

*違反件数が過去最多!「下請法」で知らないうちに違反しないための気をつけるべき4つのポイント

*36協定の見直しで何が変わる?根強い「残業トラブル」の法的問題を弁護士が解説

関連記事(外部サイト)