山梨での山岳遭難者は1965年以降最多に 救助隊による救助活動が不適切とされ賠償令も

記事まとめ

  • 山梨県警が発表したデータによると山梨での山岳遭難者は160名に上り、うち25名は落命
  • 統計が残る1965年以降最多で、登山ブームの影響があるのではないかとされている
  • 過去には遭難救助隊による救助活動が不適切とされて損害賠償が認められる判決があった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております