盗撮にも用いられるスマホの『無音カメラアプリ』 刑事法で規制するのは困難

記事まとめ

  • スマートフォンの『無音カメラアプリ』は盗撮に悪用されるケースが増えてきている
  • 迷惑防止条例には、予備罪の処罰規定がなく、刑事法で規制するのは困難だという
  • Googleグラスはウィンクしただけで撮影でき、肖像権侵害が発生する問題も指摘される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております