犬が通行人に噛み付いて怪我をさせてしまった…飼い主に責任は?

犬が通行人に噛み付いて怪我をさせてしまった…飼い主に責任は?

シェアしたくなる法律相談所

ペットは家族同然の存在。戯れているときが、「最高の癒やし」と感じている人も多いのではないでしょうか。無邪気に懐いてくるペットは、やはり愛おしいものです。

そんなペットですが、生き物であるだけに必ずしも人間のいうことを聞くわけではありません。本能のままに赴き、他人に迷惑をかけてしまうこともあります。

極稀に発生するのが、飼い犬が第三者に噛み付いて怪我をさせてしまうケース。この場合、当然怪我をさせられた側は、治療費の請求などの責任を飼い主にとってもらおうとすることでしょう。

しかし、実際に噛み付いたのは人間ではなく「犬」。飼い主には責任が発生しないようにも思えます。実際のところ、どうなのでしょう?

Q.ペットが噛み付いて第三者に怪我をさせてしまった場合、飼い主に責任が発生しますか?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

A.発生します

民法718条に以下のような規定があります。

動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

2.占有者に代わって動物を管理する者も、前項の責任を負う。

したがって、犬にリードをせずに放し飼いにしていたなど、「相当の注意を持って管理した」とはいい難いシチュエーションで相手に怪我をさせた場合は、当然ながら賠償責任が発生することになります。

その額については犬の大きさや怪我の程度に比例して増減するのが一般的。また、子供に重傷を負わせてしまった、あるいは死なせてということになれば、重過失致死傷罪に問われる可能性もあります。

飼い主は「ペットのやったこと」と責任を逃れることはできません。散歩をする際は十分に注意してください。

*記事監修弁護士:冨本和男(法律事務所あすか。企業法務、債務整理、刑事弁護を主に扱っている。親身かつ熱意にあふれた刑事弁護活動がモットー。)

*取材・文:櫻井哲夫(フリーライター。期待に応えられるライターを目指し日々奮闘中)

【画像】イメージです

*t-room / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

*夏の風物詩「金魚すくい」が動物虐待にならない理由

*捨て猫を飼ってたら元の飼い主が現れた…所有者はどっち?

*家の前で犬のフンを片付けない飼い主…処罰させることはできる?

*犬を飼う前に知らなければいけない「飼い主の義務と責任」

*管理職に昇進したけど残業代が出ないから給料は下がる…こんなのアリ?

犬が通行人に噛み付いて怪我をさせてしまった…飼い主に責任は?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)