婚約後に子どもがいることが発覚…婚約は取り消せる?

婚約後に子どもがいることが発覚…婚約は取り消せる?

シェアしたくなる法律相談所

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

将来結婚しようと思っている相手と婚約をしても、同棲して過ごすうちに相手の嫌なところが見えてきて、結婚を取り消したいなどと思うようなケースもあるようです。

実際に結婚をしていたら、自分の意志だけではなく相手の合意などが無いと離婚できない事を知っている人も多いかと思いますが、もしも婚約の段階で別れたいと思った場合、自由に婚約を破棄することが出来るのでしょうか。

婚約とは何なのか、そして、婚約の解消は法律ではどのように定められているのかといった点について解説していきたいと思います。

■そもそも婚約って何?

婚約とは、将来に婚姻(=法律上正式な結婚)をしようという男女間の約束のことです。男女がお互いに誠心誠意、将来夫婦になろうと約束すると、婚約が成立します。

婚約は、単なる口約束で契約書にしなかった場合や、同棲や結納、挙式などを行っていなかった場合でも“理屈上は”成立しえます。

しかし、そのような場合ですと、婚約が本当に成立したかどうかを争われると、誠心誠意の約束があったという証明が難しくなってしまいます。

なお、婚約と紛らわしい言葉で“内縁”というものがあります。内縁というのは、“事実上は夫婦だが婚姻届を出していない”という男女関係のことです。そのため、婚約とは全く意味が違います。

■婚約の解消について

いつでも、そして特に理由が無くても、一方的に婚約を破棄することは原則として自由です。

婚約を破棄するために、例えば婚約後に相手方の好ましくない情報(結婚歴があった、犯罪歴があった等)が見つかったというような事情は、全く必要ではありません。

「えっ!?」と思われるかもしれませんが、そもそも婚姻はあくまで純粋に自由な意思に基づいてなされるべきものですので、一旦婚約が成立したからといってそれを理由に婚姻を強制することはできないのです。

この点が婚約と結婚の大きな違いとなっています。

■慰謝料の請求はできる?

婚約を破棄された側が婚約破棄の責任を追及することも、原則としてできません。

しかし、破棄を申し出た側に落ち度がある場合には、破棄された側は損害賠償を請求することができる場合があります。

この場合、婚約を信じたことによって被った損害や精神的損害について、婚約破棄した側は損害賠償を支払わなければなりません。

例えば、婚約した後で相手方に子どもがいると分かったという場合、一般論として落ち度があるのは、子どもがいると告げなかった相手方であると考えられますので、告げられた側が婚約破棄するのは自由と考えられます。

その場合は、告げられた側が婚約破棄しても、そのことについて慰謝料を支払う義務はないでしょう。

また仮に、子どもがいると告げてくれていれば婚約しなかったし、相手方はそのことをよく分かっていたはずだというような場合を想定すれば、具体的な事情によれば、逆に相手方に損害賠償を請求できる可能性もありえるでしょう。

もっとも、具体的な事情は下記のように様々なものが考えられます。

・双方の年齢(若い年齢なのか、円熟した年齢なのか、年齢差があるのかなど)

・婚約前に相手方に疑わしい事情はなかったのか

・相手方に結婚歴や子どもの有無をはっきり確認したのか

・結納や結婚式の予約などを既にしていたのか

損害賠償が実際に認められるかどうかは、このような事情を踏まえて検討する必要があり、非常に複雑です。

お困りでしたら、お気軽にご相談ください。

*著者:弁護士?近藤美香(秋葉原よすが法律事務所。家事事件を専門的に取り扱い、500件以上の家事事件を取り扱った経験を持つ。JADP認定の夫婦カウンセラーの資格を保持している。)

【画像】イメージです

*マハロ / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

*「裸で抱き合う」「手を繋ぐ」…どんな行為が不倫として成立する?

*ところで「内縁関係」ってどういう状態を差すの?

*流行りの「ブライダルチェック」の結果で婚約破棄は可能か

*挙式中に教会を飛び出した…現実に起こったらどんな責任を負う?

*結婚を前提に交際していた相手に突然ふられた…慰謝料は請求できる?

婚約後に子どもがいることが発覚…婚約は取り消せる?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)